エンジニア転職エージェント

pythonエンジニア転職

Pythonエンジニア 転職は有利?

Pythonエンジニアは転職が有利

転職を検討している人におすすめの言語、転職に有利になるプログラミング言語として、Pythonが挙げられます。

Pythonエンジニアは転職が有利、と言われる一番の理由はAIに使われる言語だからです。

AIに使われるPythonは、今後需要が伸びるプログラミング言語。
そのため、Pythonエンジニアの将来性も高いといえます。

何よりPythonエンジニアは平均年収が高いです。

エンジニア求人サイトでPythonエンジニアの給与、待遇を調べてみると、高年収なところでは、年収1,000万円以上のPythonエンジニア求人が見つかります。

それも複数の求人案件が見つかりますから、全体として高待遇であることは間違いありません。

この記事では、Pythonエンジニアが転職に有利な理由、またPythonエンジニアの年収や求人の探し方について、ご紹介しています。

Pythonができるとなぜ転職は有利?

エンジニア転職のポイント

Pythonエンジニアは転職が有利、と言われます。

他のプログラミング言語でも同様ですが、転職が有利になる一番の理由はその言語のエンジニアが不足しているからです。

Pythonエンジニアは現状、希少性が高く、不足している状況と言われます。

とはいっても現状でそこまでPythonエンジニア求人が爆発的に多い、というわけではありません。

とある転職サイトでPython求人数を調べてみたところ、Rubyと同程度、約500件ほどの求人数でした。

なによりまだまだPythonを使いこなせるエンジニアが足りていない、といったことが転職を有利にする一番の理由といえそうです。

そもそもIT業界では全体的にエンジニア不足がずっと以前から言われていますが、新たに需要が増加してきたAI分野ということで輪を掛けてPythonエンジニアは不足していると言われます。

AI分野で活用が一気に増えると期待されるPythonということもあり、将来性も高く転職が有利になると言われる理由です。

Pythonができると広がる仕事、Pythonエンジニアの仕事内容

プログラミング言語としてPythonができると携われる仕事が広がります。
Pythonエンジニアの仕事としては機械学習やディープラーニングの他にも、様々な開発案件に携わる仕事があります。

Webアプリケーションの開発にも広く利用されている言語です。

他には、

  • デスクトップアプリケーション開発
  • 組み込みアプリケーション開発
  • 業務効率化ツール開発

などにも利用されています。

Pythonができることで、様々な開発業務に携わられるようになり、仕事の幅が確実に広がるといえます。

機械学習・ディープラーニング

Pythonの需要が多いのは、数値計算や機械学習、ディープラーニング、ビッグデータの解析などの分野です。

AI(人工知能)の分野では、機械学習やディープラーニングなどの研究がとても盛んですし、今後さらに発展が期待されています。

こうした分野に興味があるエンジニアの方にとって、とてもやり甲斐のあるプログラミング言語となるのではと思います。

WEBアプリケーションの構築にもPython

PythonはWEBアプリケーションの構築にも使用されています。

例えば、

  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • Dropbox
  • Pinterest
  • Evernote

などは知名度が高いところです。

Pythonエンジニアの年収

Pythonエンジニアは平均年収が高い傾向があります。

Pythonエンジニアの平均年収は650万円前後

と言われます。

プログラミング言語別の年収ランキングでも、

  • Go(Golang)
  • Scala
  • Kotlin

などと共に上位にあります。

プログラマーの平均年収が430万円ほどと言われていますので、キャリアアドバイザーの方向性としてPythonエンジニアを目指すのは良い選択肢になるのではと思います。

そうした給料の高さ、待遇面もこれからPythonエンジニアとして就職や転職を目指したい方の転職理由の一つになっているのではないでしょうか。

仕事のやり甲斐、プロジェクトの面白さも大切ですが、現実的に生活していくためにはしっかりと収入を得る必要もあります。

高待遇が期待出来るPythonエンジニアは今後の需要の伸び、将来性の高さから有望といえるでしょう。

今後、さらに年収アップする可能性も高いと言えます。

Pythonエンジニアの求人

Pythonエンジニア求人を多く取り扱っている転職サイトもあります。

転職サイトを利用される場合、ITエンジニアに特化している転職サイトの利用が良いでしょう。

多くのPython案件をご覧になることで、年収相場もある程度、掴むことが出来ます。

⇒ レバテックキャリア

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ ギークリー

こうした転職サイトを利用して実際のPython求人案件を調べていると、

プロジェクトマネージャー(PM)案件はやはり高年収の求人が多いです。

年収1,000万クラスの求人の中心といえるでしょう。

Pythonの資格試験を取得して転職を有利に

将来性の高いPythonエンジニアとして転職したい、といった場合、少しでも転職を有利にするためにPythonの資格を取得することもおすすめです。

資格を持っていることで、客観的に評価をしてもらうことが出来ます。

Python3エンジニア認定試験

があり、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会という運営団体が実施する民間資格(国内資格)です。

また、「Python 3 エンジニア認定データ分析試験」が2020年春より開始予定です。

Pythonエンジニア転職 関連記事

Pythonエンジニアになるには

Pythonエンジニア 未経験からなるには。
将来性の高いPythonエンジニアになるには、転職を成功させるにはどのような方法を取ると良いでしょうか。

-pythonエンジニア転職

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.