社内SEになるには

pythonエンジニア転職

Pythonエンジニアになるには

2020年4月10日

未経験からPythonエンジニアになるには

Pythonエンジニアになりたい、未経験からエンジニアになりたい。

もしかすると、エンジニア経験があって未経験のPythonエンジニアとして転職を目指している方もいるかもしれません。

AI、IoT、ブロックチェーン、ビッグデータ、システム開発など様々な需要があり、さらには高年収のエンジニア求人も増加傾向です。

これからはPythonエンジニアとしてキャリアを積みたい、という方も多いのではと思います。

Python未経験でPythonエンジニアとして仕事をしたいのでしたら、エンジニア転職サイトを利用することで未経験OKの求人を探すことが出来ます。

将来性の高いPythonエンジニアになるには、転職を成功させるにはどのような方法を取ると良いでしょうか。

Pythonエンジニア 未経験 求人を見つけるためのエンジニア転職サイト

Python業務経験があり、本格的にキャリアを積みたいエンジニアの方はすぐにでも転職エージェントを利用して好条件の求人をお探しになることをオススメいたします。

また、Python業務経験無しのエンジニアの方も、転職エージェントに相談されてみてはと思います。
独学で勉強しながらでも十分にアピールできる企業を見つけてもらえる場合もあります。

PHP、Rubyなど他の言語の経験と絡めて転職活動をすると、転職成功率を上げられる傾向があります。

具体的にはエンジニアの方一人ひとりの状況によって、ということになるでしょうからエンジニア転職に特化したエージェントにご相談されることをおすすめします。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITは独占求人、非公開求人が多いことが特徴のエージェントです。
Python必須、Python経験歓迎などのエンジニア求人が多数あります。

大手企業からベンチャー企業まで、多くの企業の情報があり、希望条件でのマッチング能力も期待できます。

コンサルタントのサポートの質の良さについて、口コミ・評判を多く見かけます。

⇒ マイナビエージェント×ITの求人例はこちら

レバテックキャリア

IT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェント、レバテックキャリアには多数のPythonエンジニア求人があります。

レバテックキャリアは高年収のエンジニア求人にも強く、転職によって年収upを目指すエンジニアの方にもおすすめです。

IT業界に精通したコンサルタントが多いため、今後のエンジニアとしてのキャリアの相談も含めて転職先を探しやすいといえます。

⇒ レバテックキャリア 利用者の声を見てみる

開発・プログラミング経験ありのPythonエンジニア転職

Pythonエンジニアになる、ということでキャリアを目指す場合、開発・プログラミング経験が2,3年以上あると採用されやすくなってきます。

どのプログラミング言語であれ、身に付いているエンジニアの方は新たな言語も使いこなすスピードが速いです。

Pythonエンジニアの需要として、

「メジャーなプログラミング言語を使える+Pythonも使える」

といったエンジニアが優遇される傾向があります。

Pythonは独学でも習得しやすい環境が整ってきていますので、独学で学び、Pythonでポートフォリオも作ることが出来ると、転職の際に大きなアピールとなり効果的です。

未経験からでもPythonエンジニアとして転職できる

エージェントによると、Python未経験でも転職すること自体は可能だということです。

もちろんアピールの仕方も重要になります。
Python未経験であっても、採用後に育てれば十分戦力になる、と面接官に思って貰えることが必要です。

20代、30代前半など若いエンジニアの方、他の言語でエンジニア経験が2,3年以上ある方などは、熱意でかなり押せる可能性があります。

Pythonの資格を取得していると、さらにアピールに繋がるといえます。

未経験からPythonエンジニアになるためのスクール

中には、全くのプログラム未経験。

これからPythonの勉強をして、Pythonエンジニアとして就職を目指したい、という方もいらっしゃると思います。

あまりエンジニアとして就職するのに時間をかけたくない、といった場合にはプログラミングスクールでPythonを学ぶのがおすすめです。

転職サポートも受けられるプログラミングスクールも多いので、エンジニアとして働くための時間をショートカットできるのがメリットです。

Pythonが学べるプログラミングスクール

最近のこうしたプログラミングスクールの傾向としては、Python特化コースを開講しているプログラミングスクールが増えつつある、ということです。

それもPythonの需要の大きさを表しているのではないでしょうか。

⇒ プログラミングスクール【TechAcademy】機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

⇒ Pythonコース【.pro】

Pythonエンジニアは年収が高い傾向は今後もまだまだ続くと予想されます。

未経験からの転職であれば、最初はさほど年収は期待出来ないかもしれませんが、その後の転職やキャリアに応じて年収UPは十分に狙えるでしょう。

全くの未経験からPythonエンジニアになるのであれば、こうしたプログラミングスクールに通う価値はある、初期投資、ということで利用して転職に成功する方は少なくありません。

エンジニアになる前に、IT業界の知識を得ておく

Pythonエンジニアに限りませんが、もし未経験からエンジニアとしてIT業界に就職、転職を目指されるのであれば、IT業界の知識を事前に得ておくことがとても大切です。

エンジニア、といっても仕事内容は本当に様々です。

未経験で内定が貰えてホッとしたのもつかの間、実際に入社してみたらやりたい仕事と全然違った・・・プログラミング経験が全然積めずに悩む・・・

といった可能性もあります。

「エンジニア」として入社したはずなのに、テストエンジニアであったり、デバッガ-、保守・運用などコードを書かない仕事に回ってしまう可能性は、IT未経験者には多いのです。

そうなると、Pythonエンジニアを目指して経験を積んでいきたいのに、何年もコードに触れずに時間を過ごしてしまうことになりかねません。

エンジニア求人を多く見て、どんな会社のどういった求人だと、思っているようなエンジニアの仕事ができるのかといったことを情報収集することが必要です。

IT業界の知識を得て、理解することがとても大切です。

未経験可のエンジニア求人も扱っている転職エージェントだと、募集の詳細を教えて貰うことが出来ますので、IT業界の知識をどんどん得ていくことが出来ます。

スクールに通って知識・スキルを身に付けていたり、独学でもポートフォリオを組めているといった場合には、求人案件の紹介に対応して貰える可能性が高くなるでしょう。

未経験可のエンジニア案件が比較的多い転職エージェント

⇒ レバテックキャリア

⇒ ワークポート

⇒ リクルートエージェント

といったエージェントは未経験可のエンジニア案件が比較的多いエージェントとなります。

複数利用されることで、情報収集がしやすくなるでしょう。

Pythonエンジニアへの転職、ポートフォリオ作成が重要!

Pythonエンジニアの転職に限りませんが、ポートフォリオを作成して提出することでより高い評価を得られる可能性が高くなります。

ポートフォリオがあれば、応募者のレベル、スキルを見極めやすくなるということが一つと、特に未経験から始めた方であればポートフォリオ作成できるまで勉強した、という事実が評価されるようです。

エンジニアになってからも勉強は大切ですから、そうした姿勢のある求職者の方はを面接官は評価してくれることは多いといえます。

pythonエンジニアの将来性

Pythonエンジニアは需要が伸びており、非常に将来性のある言語となります。

Pythonはプログラム言語ランキングで「世界4位」に認定されるほど、人気の言語となっています。

国内でも需要はどんどん増えている状況です。

また需要の増加に対してPythonエンジニアが不足しており、平均年収も高くなっています。

Pythonエンジニアの平均年収は650万円と言われています。

一般にエンジニアの平均年収は450万円ほど、といわれますから200万円近く、平均年収が高いことになります。

経験豊富でスキルがあるPythonエンジニアは年収1000万を超える方もいるそうです。

フリーランスのPythonエンジニアも単価が高い傾向があります。
Python案件であれば、1ヶ月の単価80万円~も多数見られます。

将来的にエンジニアが充足してくると平均年収も下がってくるかもしれませんし、さらに需要が増加してエンジニア不足が加速、さらに高年収になる可能性もあります。

今後も需要の伸びが期待されます。

ですから未経験の方もPythonエンジニアになるために、多くの時間、またスクール費用などをかけたとしてもそれだけの価値はある、と言えると思います。

-pythonエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.