エンジニアが年収アップするには

AWSエンジニア転職

AWSエンジニア 年収

AWSエンジニアの年収

AWSエンジニアとなった場合、年収はどれくらい稼げるのか気になる、という方は多いと思います。

これから目指すキャリアとして、クラウドエンジニア、中でもAWSエンジニアとして仕事をすることに興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

AWS「Amazon Web Services」は既にシェアトップですが、引き続き需要の増加が見込まれており、AWSエンジニアの需要も高まっていくと考えられます。

AWSを扱えるエンジニアは現状では少なく、希少性が生まれるために年収も高くなる傾向があります。

インフラエンジニアが中心となってAWSに取り組む企業が多いと思います。
そうしたキャリアの中で本格的にAWSエンジニアを目指したい方もいらっしゃるでしょう。

未経験からAWSエンジニアになる、ということを目標にされている方も多いかと思います。

AWSエンジニアになる場合、年収も気になるところです。
年収は生活に直結しますからね。

この記事では、AWSエンジニアの年収の話題を中心として、AWSエンジニアになるための方法などについてもご紹介します。

AWSエンジニアは稼げる?

AWSエンジニアは稼げるの?と言われれば、AWSエンジニアは高年収を稼げる状況です。

例として、過去12ヶ月Indeedに掲載された求人広告、AWSエンジニアの平均年収は年収520万円となっています。

Indeed AWSエンジニア平均年収

インフラエンジニアの平均年収が約460万円前後、といわれることが多いですから、その年収と比較をすると高年収となっています。

今、AWSエンジニアとしてお仕事されている方の多くはインフラエンジニアにプラスしてAWS、といった業務になっているエンジニアの方が多いのではと思います。

インフラエンジニアにプラスαでAWS知識・スキル分が給料に上乗せ、といった企業も多いのかもしれません。

インフラエンジニアの平均年収によりは高年収、といった方が多いといえそうです。
(企業によって給与体系など異なるので、もっと高年収のエンジニアの方もいらっしゃるかと思います)

もちろん、未経験からAWSエンジニアになる場合には、最初は年収300万円~といった稼ぎから経験を積むとともに、年収アップを狙っていくことにはなります。

AWSエンジニアはフリーランスも需要が高いです。

月50万円~80万円のAWS案件が多くフリーランスエンジニア向けサイトで見つかります。

経験年数に応じて単価相場も上昇する傾向にありますので、経験があるAWSエンジニアの方は年収1000万円以上も十分に狙えるのではないでしょうか。

最高単価は130万円を超えます。

AWSエンジニアの年収について

AWSエンジニアの年収ですが、先ほどもありましたがAWSエンジニアの平均年収は年収520万円となっています。

Indeed AWSエンジニア平均年収

ただ、ソースとする情報源によって平均年収は結構差が出てきますので、おおよその年収で抑えられるとよろしいのではないでしょうか。

実際に求人サイトでAWSエンジニアの求人を調べてみると、経験年数にもよりますが年収600万円などで求人募集が見つかることもあります。

AI関連の求人の場合、さらに高年収の募集も少なくありません。

やり甲斐とともに高年収も手にしやすいのがAWSエンジニアといえるのではないでしょうか。

高年収のAWS求人案件が多く掲載されているエンジニア転職サイト

ちなみに、高年収のAWS求人案件が多く掲載されているエンジニア転職サイトには、

⇒ レバテックキャリア

⇒ ギークリー

などがあります。

もしAWSエンジニアの求人案件をお探しの場合、ご活用になってみてください。

AWSエンジニアの将来性、今後も稼げる?

AWSは現時点でクラウド市場でシェアトップ、今後もその牙城はなかなか揺らぐことは無いと予想されます。

AWSは従量課金制を採用していることでコスト抑制に繋がります。
またAmazonが提供していること、セキュリティ面での安心感も非常に大きいと言えます。

大企業もAWSを導入しています。

AWSの導入例としては、

  • AOL
  • Adobe Systems
  • Yelp
  • アステラス製薬
  • ケンコーコム
  • ランサーズ
  • 東芝
  • U-NEXT
  • 毎日新聞

など、他にも非常に多くの導入例が掲載されています。

インフラのランニングコストを5割削減、7割削減など非常に大きな効果を達成したAWS導入例が多く、引き続きクラウド市場の中ではAWSを選ぶ企業は多いことが考えられます。

それとともに、AWSエンジニアの需要も増加していくことは容易に想像できます。

移行の需要増、その後は保守・運用の需要が高まるでしょう。

AWSエンジニアの将来性は高く、稼げるエンジニアというポジションはしばらく続くのではないでしょうか。

AWSエンジニアへの道

AWSエンジニアになるには、スキル・知識を身に付けることが近道です。

しかし、AWSはインフラ周りの経験、知識がある方は別として、身に付けるのが難しいと言われます。

AWSを学べるスクールはまだ少ないのですが、そうした状況の中で、RaiseTechは現役のAWSエンジニアが実際に必要な使える技術を教えてくれるスクールとしておすすめです。

AWS上でのインフラ環境構築、インフラのコード化、自動化、DevOpsといった現場の技術を学べます。

プログラム初心者、業界未経験だけど、エンジニアになりたいといった方。

エンジニアとして働いているけれど、将来的にAWSにシフトしたいエンジニアの方などにもおすすめです。

⇒ AWSエンジニアから学べる、エンジニアリングスクール RaiseTech

RaiseTechは就職・転職するまでサポートがあることも大きな特徴です。

-AWSエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.