フリーランスエンジニア向け転職エージェント

AWSエンジニア転職

AWSエンジニア フリーランスの案件・求人

2020年4月28日

AWSエンジニア フリーランスの案件・求人

フリーランスのAWSエンジニアとして仕事を探したい、高単価の案件・求人を安定して見つけるにはどういった方法として、フリーランス向けエージェントの活用をおすすめしています。

フリーランスになってすぐに知り合いからAWS案件を回して貰えて安定稼働に入れる、という方は少ないのではと思います。

いずれはエンド直でAWS案件を獲得したい、とはいえまずはフリーランスとして安定して生活出来るだけの案件を見つけられること、少しずつ経験を積んでいけることも大切になりますね。

そのために活用をおすすめしたいのが、技術に強いアドバイザーがいるフリーランス向けエージェントの活用です。

エンジニアの持つスキル、経験、希望を把握して案件とマッチングしてくれる能力は利用するメリットは大きいと言えます。

今の自分に合った案件を自分で探す、というのは思った以上に難しいものです。

本業に集中するためにも、案件探しにはこうしたAWSエンジニア フリーランスの案件求人も豊富に保有するエージェントの活用がおすすめです。

AWSエンジニア フリーランスの案件・求人を見つける方法

AWSエンジニア フリーランスの案件求人を見つけるために活用をおすすめしたいエージェントをご紹介いたします。

サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアなどの経験があれば、AWS未経験可の案件に参画するチャンスもあります。

そうしたAWS未経験可の求人案件についても、フリーランス向けエージェントを活用されることで効率良く情報収集することが出来ます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはフリーランス専門エージェントです。

フリーランスエンジニア案件が豊富なことが第一におすすめポイントとなります。

フリーランス向けの求人サイトとしても、案件の多さは特に重要といえるでしょう。

レバテックフリーランスはAWS案件も豊富。
さらにアドバイザーも技術に詳しく、エンジニアの希望なども理解して貰いやすいこともメリットといえるでしょう。

レバテックフリーランスの特徴としては、

  • 高単価の案件が豊富
  • AWS案件も豊富
  • テクニカルカウンセラーの専門性が高い
  • 参画後もフォローあり

レバテックフリーランスを利用しているエンジニアが多い理由として、やはり高単価の案件が多いこと。

様々な領域の案件が豊富にあり、エンジニアが希望の案件を探しやすいことが挙げられます。

また、フリーランスエンジニアと企業をマッチングしてくれるカウンセラーの専門性が高いことも高い評価を得ています。

⇒ レバテックフリーランスでAWS案件を探してみる

ギークスジョブス

ギークスジョブスは国内最大級のITフリーランス専門エージェントです。

登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は780万円以上と、高年収を実現されているエンジニアの方が多いことも特徴です。

AWS案件に関しても求人数は多めです。

今の自分の状況ではどういった案件があるのかしりたい、フリーランスのエンジニアとして市場価値を高めていきたい、キャリアアップを見越した案件を探したい、といった相談も可能です。
フリーランスのエンジニア向け求人は首都圏が多くなりがちですが、ギークスジョブは大阪、名古屋、福岡の案件も探すことが可能です。

⇒ ギークスジョブでAWS案件を探してみる

Midworks

ミッドワークス(midworks)

Midworksは、IT系のフリーランスエンジニア、デザイナー(個人事業主)専門のエージェントです。

Midworksの最大の特徴はなんといっても、正社員並みの保障つきでエンジニアの独立をサポートしてくれる点です。
フリーランスなのに福利厚生を利用出来る、というのは大きなメリットです。

・給与保証制度
・マージン率の公開

万が一、次の仕事が見つからない・・・といった場合でも、Midworksは給与保証制度を適用しているエンジニアのは、月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

リスクを抑えてフリーランスのエンジニアとして独立して仕事をすることが出来ます。

今だと、在宅でも受けられるリモート案件の特集も掲載されています。

AWS案件の掲載は現状では他エージェントよりも少ないのですが、midworksは非公開求人が多いエージェントですから、実際の案件数はご登録後にご確認されることをおすすめ致します。

⇒ MidworksでAWS案件を探してみる

AWSエンジニア フリーランスの単価

AWSエンジニア フリーランスの案件の単価相場としては、フリーランス向け求人サイトで調べてみると

50万円/月 ~ 80万円/月

で案件が多く見つかります。

ちなみに、AWSのフリーランス案件を豊富に掲載しているレバテックフリーランスでは、単価相場としては76万円と掲載されています。

高額な案件になると月単価100万円以上もあります。

AWS案件はエンジニア不足が続いているため、高単価の案件が出やすい状況となっています。

とはいえ、AWSエンジニアとしてフリーランスで仕事をする場合、基本的には経験年数で単価は変わっていきますので、経験年数の浅い方はコツコツと実績を積み重ねていく必要はありそうですね。

経験の豊富なAWSエンジニアの方は、フリーランスとして独立してすぐに高年収を実現しやすい、といえるのがAWS案件の単価の現状といえるでしょう。

フリーランスのAWSエンジニアの方で年収1000万円以上、といった方もいらっしゃいます。

AWSエンジニア フリーランスは今後も稼げる?

AWSエンジニアの今後ですが、クラウドサービスの中でもAWSは引き続き重要といえますし、市場の大きさがそのまま優位性もなりますから、需要は伸びることが考えられます。

インフラ基盤(IaaS)のマーケットシェア調査も複数発表されていますが、クラウドサービスでの首位はAWSとなっています。

フリーランスのAWSエンジニアになるには、

・AWSのスキル
・ITインフラの知識
・データベースの知識

などに精通していることが必要と言われます。

フリーランスとしてすぐに働きたい、といった場合にはハードルは高いエンジニアの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそれだけにAWSエンジニアとしての需要は高く、案件が増えているのにエンジニア不足、ということからさらに単価が上昇傾向にあるといって良いでしょう。

AWSエンジニアはインフラエンジニアの経験も活かすことが出来ますので、経験が豊富な方はフリーランスに近い位置にあるといえます。

お持ちのスキル、経験でフリーランスとして仕事ができるかどうか、希望にマッチした案件が紹介してもらえるかどうか、といった相談も先ほどご紹介したフリーランス向けエージェントでは可能です。

⇒ AWSエンジニア フリーランスの案件・求人を見つける方法

でご紹介させていただきました。

今だとオンラインカウンセリング、オンライン面談などでしっかりと対応してもらえますので安心です。

-AWSエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.