社内SEに転職するのが難しい理由

AWSエンジニア転職

AWSエンジニアの将来性・需要

2020年4月28日

AWSエンジニアの将来性、需要について

AWSエンジニアの将来性は高く、需要はさらに増えると考えられています。

インフラエンジニアのキャリアパスとしてAWSのスキルを手に入れて、クラウドエンジニア、AWSエンジニアとして高年収を実現する、フリーランスエンジニアとしての働き方も視野に入れるといったことをお考えのエンジニアの方もいらっしゃるのではと思います。

AWS案件はエンジニア求人サイト、エージェントでも取り扱い案件の数が増えており、引き続き高い需要が見込まれます。

フリーランスのAWSエンジニアになると、会社員としては稼ぐのが難しい高年収を実現することも可能です。

AWSエンジニアが将来性があり、需要も高いのであれば目指そうかなという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、AWSエンジニアの将来性・需要、そしてフリーランスのAWSエンジニアも含めて年収についてご紹介しています。

AWS 今後の需要

エンジニア転職のポイント

AWSエンジニアの需要は今後さらに高まると考えられます。

AWSとは「Amazon Web Services」の略称で、Amazon.com社によって開発者向けに提供されているクラウドサービスですが、低コストであること、需要に合わせてサービスの拡張・縮小がしやすいことなどもあり急激に需要が増えています。

世界的企業であるAmazonが提供するサービスのため、セキュリティ対策も安心です。

新規事業を立ち上げる際にも、イニシャルコストを抑えられますし、必要に応じて拡張が可能というメリットがありますし、既存のシステムがあったとしても経費削減のためにクラウドサービスに移行を行う企業も多いです。

オンプレミス環境からクラウド環境へ。

この数年でAWSエンジニアの需要は非常に高まっています。

しかし、AWSエンジニアとして活躍するには広範な知識、スキルを必要とすることからまだまだ需要に対応できるエンジニアは不足している状況です。

そのため、AWSエンジニアは高年収で募集されています。

AWSエンジニアが他のエンジニア職よりも高年収で募集されていることが多い理由としては、スキルが高いことが前提にある、ということもあるようです。

AWSエンジニアの将来性は高い

AWSはクラウド市場で約31%のシェアがあり、シェアトップとなります。

どの業界も同様にいえますが、シェアトップの企業は継続してシェアを拡大しやすい立場にあります。

まだAWSを使っていない企業であっても、今後、AWSを利用したクラウドサービスへと移行する数は増えるでしょう。

特に現状、コスト削減は非常に重要な企業のテーマとなってくると考えれます。

自然災害の際にも、自社運用ではサービス停止リスクが高いですがが、クラウドサービスは堅牢なデータセンター内に設置されているケースが多く、電源供給や耐震面でも安心感が違います。

サービス停止など、事業への影響を最小限に留めることができるというメリットもあり、クラウドサービスへの移行、新規利用は増えていくでしょう。

エンジニアとして関わることを考えた場合、クラウドサービスは将来性の高さも魅力といえます。

そのため、AWSエンジニアとしても将来的に安定して案件・求人を見つけていけるといえるでしょう。

今後はAWSを利用している企業も増えることから、保守・運用の案件も増加することが考えられます。

AWSエンジニアとして経験の浅い方も、応募しやすい案件が増えてくるかもしれません。

AWSエンジニアの年収、需要と供給の関係

エンジニアが年収アップするには

AWSエンジニアの年収相場は500万円前後と言われています。

ただ、需要が高くAWSエンジニアは人手不足という状況にあり、年収は上昇傾向に見られます。

AWSエンジニアの平均年収は過去12ヶ月Indeedに掲載された求人広告の給与平均では、年収520万円となっています。

Indeed AWSエンジニア平均年収

フリーランスのAWSエンジニア単価相場

フリーランスのAWSエンジニア案件も同様で、高額な単価相場となっています。

AWSエンジニア フリーランスの案件の単価相場としては、フリーランス向け求人サイトで調べてみると

50万円/月 ~ 80万円/月

で案件が多く見つかります。

ちなみに、AWSのフリーランス案件を豊富に掲載しているレバテックフリーランスでは、単価相場としては76万円と掲載されています。

ということは、フリーランスのAWSエンジニアの年収相場として800万円以上を見込むことが出来ます。

フリーランスの単価相場は経験年数や実績に応じて上がっていくため、経験を積むほど高単価のプロジェクトに参画しやすくなります。

十分に年収1,000万円以上を狙える下地はあるといえるのではと思います。

高額な案件になると月単価100万円以上もあります。

AWS案件の最高単価はその時々の求人案件により異なりますが、調べた際は単価135万円でした。

AWS案件はエンジニア不足が続いているため、高単価の案件が出やすい状況となっています。

Microsoft Azureなども需要は伸びていますが、やはり現状ではシェアトップのAWSの需要が非常に大きいといえます。

フリーランスエンジニアの働き方は融通が利きやすい点もメリットです。
週3日働く、といった働き方も可能です。

ご家庭の事情などに合わせた働き方を希望される方にとっても、フリーランスの働き方は魅力ではないでしょうか。

将来性ある、AWSエンジニアは稼げる!

クラウドサービスであるAWSを利用するためには、AWSエンジニアが必要です。

AWSに関してのスキルがあるエンジニアはまだまだ不足している状況ですから、今からでもAWSについて知識を深め、スキルを身に付けることはおすすめです。

特に、インフラエンジニアにプラスする知識としてはAWSは将来性もありぴったりといえるのではないでしょうか。

クラウドサービスはAWSだけではありませんが、シェアNo.1ということで移行にも新規にもAWSが選ばれることが多くなっています。

もっと高い年収を稼ぎたい!

という場合には、フリーランスのAWSエンジニアという道もあります。

まだまだ希少性の高いAWSエンジニアですから、フリーランスとしてやっていけるだけのスキルがあれば、エージェントを通してしっかりと案件を見つけられるでしょう。

それも高単価の案件が多いのがAWSの特徴と言えます。

AWS案件の単価相場は、50万円~80万円/月となります。

中には100万円/月を超える単価の案件もありますので、年収1,000万円を十分に狙える状況となっています。

エンジニア全体にいえることですが、会社員よりもフリーランスになったほうが高年収を実現しやすい環境にあるといえます。

フリーランスでも正社員並の福利厚生が得られるエージェントなどもありますし、高単価の案件が多いエージェントもあります。

AWSエンジニアはフリーランスでは希少性が高いので、歓迎されるといえそうです。

今後さらに需要が増えるAWSエンジニア

AWSエンジニアの需要が高まっています。

需要が高いエンジニアの年収は高くなりますし、フリーランスの単価相場も高額になる傾向があります。

仕事の面白さ、高年収とどちらも実現するためにAWSエンジニアへの転職を目指すエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

AWSエンジニアの需要が増えている一番の理由は、クラウドサービスの利用が広がっていることです。

オンプレミス環境からクラウド環境へ移行する企業は増えています。

新規事業の立ち上げ時にAWSを選択する企業も多いです。

コスト削減、カスタマイズ性の高さ、セキュリティなどAWSが選ばれる理由は多岐にわたります。

クラウドサービスの中でも、AWS、「Amazon Web Service」はシェアNo.1となります。

エンジニアの求人サイトでも、

「AWSエンジニア募集」

と明確に掲載している企業も増えています。

「AWS未経験OK」とする求人も比較的多いですから、現状はかなり転職しやすい時期にあるといえるでしょう。

AWSの需要が高い理由

AWSの需要が高い理由として、次のようなことが挙げられます。

  • Amazon EC2(仮想サーバ)をはじめサービスラインナップが充実
  • コストを抑えられる
  • 高セキュリティ
  • カスタマイズ性に優れている

世界的な不況が来そうな状況ですから、企業のコスト削減は今後さらに重要となるでしょう。

よりAWSなどクラウドサービスが選ばれるようになるのではないでしょうか。

新規事業を立ち上げる際にも、固定費のコスト削減をしたい企業にも、AWSクラウドサービスとして選ばれる可能性が高いです。

それに伴って、AWSエンジニアの需要はさらに増加していくことが考えられます。

AWSエンジニアの求人を見つけるには

これからAWSエンジニアになる、転職をしたい、という場合にはIT業界に特化した転職エージェントの情報量をぜひ活用されることをおすすめいたします。

⇒ AWSエンジニアの転職におすすめエンジニア転職エージェント

フリーランスでAWS案件を探したい、AWSエンジニアの仕事を見つけたいといった方は、

⇒ AWSエンジニア フリーランスの案件・求人

でご紹介しているようなフリーランス向けエージェントの活用をおすすめします。

-AWSエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.