フロントエンドエンジニアへ転職

AWSエンジニア転職

AWSエンジニアになるには

AWSエンジニアになるには

AWSエンジニアになるには

AWSはAmazon Web ServicesというAmazonが展開しているクラウドサービスです。

AWSの利用は多くの企業(個人も含め)に拡大しており、AWSエンジニアの需要(求人)も多く将来性も見込めるためインフラエンジニアから本格的にAWSエンジニアとして転職を希望されている方も多いのではないでしょうか。

インフラエンジニアとしてさらに年収アップを目指すのであればAWSの知識・スキルがあると有利と言えます。

AWS未経験からAWSエンジニアとして転職を目指すこともできます。

未経験からAWSエンジニアになれる?転職できる?

AWS未経験から転職できる?

未経験からAWSエンジニアになることはできる?

AWSエンジニアの求人を調べたことがある方も多いのでは、と思います。

インフラエンジニア(AWS)募集といった掲載のされ方も増えており、全体的に高給与・高待遇となっています。

また最先端のクラウドサービスの仕事ということで、そういった点からもキャリアアップを目指すエンジニアからの人気が高いといえます。

企業としても自前でインフラ環境を構築するのは大変です。
AWSは初期投資を抑えることができ、セキュリティ面も安心ということもあり需要が高まっている状況です。

そうしたいAWSの需要の高まりに対して、AWSエンジニアの数が追いついていない、といった状況となっており高給与・高待遇でのAWSエンジニア求人が多くなっています。

未経験から、AWSエンジニアに転職を目指すことも可能です。

AWS未経験可の求人もあります。

特に、インフラエンジニアとしての業務経験、知識、スキルをベースとしてAWSエンジニアへの転職を目指す場合には、転職しやすいといえます。

全くのエンジニア未経験から、AWSエンジニアやクラウドエンジニアとして中途採用されるのは、厳しいことが多い、といえそうです。

AWSエンジニアの転職におすすめエンジニア転職エージェント

AWSエンジニアへ転職をしたい、AWSをもっと扱える会社に転職したい、といった場合。

ご自身で求人サイトを利用してAWSエンジニア求人を探す方法もありますが、在職中だと情報収集のための時間を確保するのも大変な方も多いと思います。

また、AWS未経験のエンジニアの方の場合、インフラエンジニアなどでのこれまでの経験を評価してくれる企業はどこか、未経験可での募集をしている企業はどこか、これから積みたいキャリアなども含めてどういった企業がマッチしているのかを探すのは、自力ではやはり大変です。

企業の詳しい情報を持ち、エンジニアとのマッチングをしてくれるIT業界、エンジニアに特化した転職エージェントの活用をおすすめいたします。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITはIT・WEBエンジニアに特化、求人数が豊富なことから第一におすすめをしています。

ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどからAWSエンジニアへの転職を目指す方も、相談しやすいと思います。
IT・Web業界に精通した優秀なコンサルタントが多く在籍しています。

未経験からAWSエンジニアへの転職を目指したい、といった方はぜひマイナビエージェントITに相談されてみてはいかがでしょうか。

大手エージェントということで、求人が見つかる地域も広いこともおすすめポイントです。

⇒ マイナビエージェント×IT

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア求人に特化した転職エージェントです。

キャリアアドバイザーがIT業界に非常に詳しいため、相談がしやすい、転職の希望条件を理解してもらいやすい、と口コミ・評判も良いものが多いです。

AWSの求人案件も豊富ですし、未経験かのエンジニア求人も多いことから、情報収集にぜひ活用していただきたいエンジニア転職エージェントのひとつです。

年収アップに成功した実績多数、ということでエンジニア転職で交渉力のあるエージェントでもあります。

⇒ レバテックキャリア

これからのインフラエンジニアはAWSスキルが必要?

インフラエンジニアとして、従来の物理サーバーを購入して設置・利用するオンプレミス型の仕事が無くなる、といったことは考えにくいですが需要としては、減ってくることは予想されます。

クラウドサービスへの移行は実際に起きていますし、事業を立ち上げる際に最初にクラウドサービスを選ぶ企業や個人は多いです。

インフラエンジニアの業務領域に、AWSなどクラウドが入ってきています。

AWSスキルがあるエンジニアは、社内でも引っ張りだこ、といった状況になっている方も少なく無いでしょう。

会社としても、AWSエンジニアの有無がプロジェクト受託に大きく関わってくる、ということからAWSの資格取得(AWS認定)などを求められてる方も多いかもしれません。

クラウドサーバーの運用保守案件も増えてきています。

仕事の広がり、高給与・高年収でもありますし、今後のキャリアを考える上でもAWSエンジニアになることは、大きな魅力があるのではと思います。

AWSエンジニア求人は高給与・高年収の傾向

AWSエンジニアの需要は増えており、IT業界は全般的にエンジニア不足が言われていますが、クラウドエンジニアについても、人手不足と言われています。

そのため、AWSエンジニアについてもニーズが高まっている状況で、高給与・高年収の傾向が強いと言えます。

インフラエンジニア・AWSエンジニアの平均年収

インフラエンジニア(ネットワーク・DB・サーバ構築)の平均年収は450万円前後と言われます。

AWSエンジニアの平均年収は過去12ヶ月Indeedに掲載された求人広告の給与平均では、年収520万円となっています。

Indeed AWSエンジニア平均年収

インフラエンジニアの平均年収よりも高いといえます。

即戦力の中途採用求人が多いことも影響していると考えられます。

まだまだAWSエンジニアは不足しているといわれており、需要に対して人材が足りていないためフリーランスを求める企業が多いです。

新規のプロジェクトも多くなれば、その後のAWS導入後の運用・保守の仕事も増えてくるでしょう。

フリーランスの月単価を比較しても、AWSエンジニアの方が高い求人案件が多いので、独立してからの稼ぎもより安定しやすいのではないでしょうか。

AWSエンジニアは将来性もあるといえます。

AWSエンジニアになるには

これからAWSエンジニアになる、転職をしたい、という場合にはIT業界に特化した転職エージェントの情報量をぜひ活用されることをおすすめいたします。

⇒ AWSエンジニアの転職におすすめエンジニア転職エージェント

AWSエンジニアになるためのエンジニアコース【RaiseTech】で学ぶ


AWSエンジニアになる、RaiseTech

AWS未経験、これからAWSエンジニアを目指して学びたい、といった場合。

AWSシステムについて学びたい方へ、おすすめのスクールは「RaiseTech」です。

現役のAWSエンジニアが講師、という点が大きな特徴となります。

実際の開発現場でAWSをゴリゴリ書いているからこその知識を提供してくれます。

プログラミングスクール、エンジニアスクール選びで大切なのは、講師がその言語のプロかどうか、飯を食っているかどうかです。

フリーランスのAWSエンジニアとしても現役というのは非常に大きな強みといえます。

RaiseTechでは、現役のAWSエンジニアが講師として教えてくれますので、今現在、現場で使われている技術を学ぶことができる、ということが大きな特徴となっています。

現役のAWSエンジニアが講師として教えてくれるスクールは希少ですよ。

分割払いなども対応していますので、これからAWSエンジニアになる、目指したい方は詳細をご覧になってみてください。

⇒ RaiseTech 公式サイトはこちら

AWSエンジニアはAWS未経験でもおすすめの職種

ご紹介してきましたように、AWSエンジニアは将来性のある職種となります。

全くのIT業界未経験の方でも、AWSエンジニアを目指す道があります。

インフラエンジニア経験のある方は、AWS未経験でも積極的に採用している企業も少なくありません。

また他のエンジニア職であっても、AWSに興味があり、AWSエンジニアとしてキャリアをスタートしたいと考える方であれば転職できる可能性はあります。

できれば、転職活動の前にAWSの知識・スキルを身に付けていればさらに転職成功の可能性を高めることが出来ます。

今後も高い需要が見込まれるクラウドサービス、ぜひAWSエンジニアになる目標を実現してください。

-AWSエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.