huri

社内SE転職

社内se 転職 難しい

2020年4月24日

社内SEへの転職は難しい?

エンジニア転職で人気が高いのが社内SEへの転職です。

社内SEへの転職が難しい大きな理由として挙げられるのが、社内SEの求人数に対しての転職希望エンジニアの多さ。

多くの場合、社内SEの中途採用人数は1名。
多くも2名といった求人が多いのですね。

しかし、転職希望者は例えば、知名度の高い求人サイトなどで公開求人として掲載された場合には、数十名~数百名のエンジニアからの応募があることもザラだとか。

このような競争倍率となる社内SE求人ばかりではないですが、採用人数は少ないことから共通して倍率は高くなるといえます。
採用選考を勝ち抜いて社内SE転職に成功するのは、簡単ではありません

社内SE転職への転職が難しい、と言われる大きな理由です。

社内SEへの転職に成功するには、まずは求人情報を得ることが大切です。
その上で、企業が求める社内SEの人物像やスキル、求職者のビジョン・スキルなどが一致すれば内定率を上げることが出来ます。

社内SE求人にも強い、転職エージェントを利用することがSE転職への転職のために重要です。

例えば、

⇒ 社内SE転職ナビ

などは社内SEに特化しており、おすすめです。

なぜ、社内SEへの転職は難しいのか

社内SEに転職するのが難しい理由

社内SEに転職するのは難しい、と言われます。

なぜ、社内SEへの転職は難しいのでしょうか。

単純に、社内SEが人気だからですね。

「社内SEに転職したい!」

というエンジニアの方が非常に多いです。

しかし、一方では肝心の社内SE求人は少ないのです。

転職サイトに掲載される社内SE求人ですが、採用人数は基本的には1名が多いでしょう。
そのため競争率は高くなります。

その1名の採用枠に、時には50名以上の応募者が集まることもあるそうです。

もちろん、大手企業の社内SE、高年収、仕事内容が魅力的、といった場合に高倍率となりやすいです。

逆に、いつまでも掲載が続く社内SEの求人もあります。

一定期間、転職活動をしていると、そうした求人も分かってきます。
何かしら、理由があるのでしょう。

不採用が続くとつい応募したくなる気持ちも湧いてくるかもしれませんが、基本的には避けた方が良い求人案件かもしれません。

社内SEは働きやすさが魅力です。

ライフワークバランスが取りやすい働き方が出来る社内SE案件、客先常駐で疲れ切ったSEの方には、とても魅力的な仕事、働き方だと思います。

社内SEへの転職を成功させるには、求人を探す方法、そして転職エージェントの活用が大切となります。

社内SEは非公開求人も多い

社内SEへ転職を目指す時にさっそく気をつけたいのが、社内SEの求人は、非公開求人が多いということです。

本気で社内SEへ転職を目指したい、というエンジニアの方は情報量(求人情報量)がやはりものすごく重要です。

非公開求人を紹介してもらいつつ、公開求人も自分でチェックして待遇や仕事内容などを比較されてみてはと思います。

非公開求人だから良い求人がある、ということばかりでは実はありません。

次のような理由で非公開求人となっていることも多いためです。

圧倒的に高待遇な求人が多いというわけではありませんから、しっかり社内SE求人を集めて、総合的に応募するかどうかを検討される事がとても大切といえます。

社内SE、非公開求人が多い理由

社内SEに非公開求人が多い理由としては、次のようなものが挙げられます。

社内SEは人気が高いため、応募が殺到しやすいため

社内SEは人気の職種です。

公開求人として掲載すると、非常に応募が集まりやすいということです。
特に締切間近になると、それまで応募を迷っていたであろう人もエンジニアも応募する傾向があるようで・・・

あまりに応募が殺到してしまうと、選考が大変となってしまいます。

様々な技術レベルのエンジニアが応募してきます。
中には、経験者優遇と書いてあるのによく見たら、未経験だったといったこともあります。

求職者の中には一定数、送るだけ送ってみるか!というダメ元で応募する人もいたりします。

様々な求職者からの応募があります。
面接するかどうか、その判断をするだけでも採用担当者は忙殺されてしまいます。

そうした負担を避けるため、転職エージェント経由で採用したいスキルを持つエンジニアなどを紹介してもらうために非公開求人にするケースがあります。

あまり公開求人として社名を出したくない

公開求人として掲載すると、当然ですが、社名も一緒に求人として掲載されます。

あまり大っぴらに求人サイトに載せたくない、といった事情がある場合もあるようです。

なぜか分からないけれど、上司から非公開求人でと指示されたりもあるようです。

以前、社内SEで募集をかけた時と待遇が異なる

滅多にないケースかもしれませんが、以前同じポジション(今回は社内SEとなります)で募集をかけたときと、待遇が異なるので今働いている社員に知られたくない、といったケースは非公開求人となることもあるようです。

より良い人材を採用したから、同じポジションなのに給与が高い、といったことも考えられます。

以前採用されて働いている人材としては、不満を持ちやすい状況です。

非公開求人となる理由としては、最初の「社内SEは人気の職種ゆえに応募が集まり過ぎる」ことが主といえますが、様々な理由から非公開求人になることが考えられます。

本気で社内SEへの転職を目指されるのでしたら、少しでも多くの社内SE求人を集めて検討、応募に備えて情報収集をしておかれることはとても重要です。

SEの求人を探す方法

自分で求人サイトを使っても社内SE求人は見つけられます。

求人数が豊富、知名度が高いリクナビNEXTでも900件弱ほどの社内SE求人が掲載されていました。
(求人を調べるタイミングによって、求人数は増減します)

公開求人として掲載されているこうした社内SE求人に、自分で探して直接応募する方法もあります。

ただ、この転職活動の方法だと冒頭で書きましたが、採用人数1名、2名といった求人に対して、数十名~数百名のライバルとの競争が待っている可能性があります。

大変です。

しかし、もっと効率良く社内SEの求人を得る方法があります。

さらに、内定率を高めて転職活動をすることも出来る方法となります。

それでも、転職の難しい社内SEに挑戦したい

社内SEは人気が高く、競争率も高い、転職を目指しても成功するとは限らない・・・

それでもやっぱり、社内SEになりたい
社内SEへの転職を目指したい。

という方も多いと思います。

社内SEに必要なスキル、業務知識、マネジメントスキルなどがあれば、役職付きで社内SE転職に成功するケースもあるということです。

社内SEへの転職で大切なのは、必要とされるスキルや経験があること、企業が求める社内SE像を把握し的確にアピールすること。

志望動機をしっかりと作成し、面接対策をすること、などが挙げられます。

また、社内SEになると市場価値が下がることも理解する必要があります。

なるのも難しい社内SEですが、辞めたいとなった時、今度は社内SEからの転職が難しい、ということになります。

それでも社内SEに転職を目指したい、といった場合には企業の詳しい情報を持つ転職エージェントを活用する方法が欠かせません

非公開求人も含め、社内SE求人が多い転職エージェント

社内SEへの転職を目指す場合、求人を多く得られることはやはり重要です。

元々の求人数が少ないこともありますので、選択肢は多く持ち応募に備えられることは大切です。

社内SE転職ナビ

社内SE求人紹介、1人あたり7.3社

社内SE転職ナビはその名の通り「社内SE求人」に特化しています。

IT業界トップクラスの社内SE求人数を保有

そのため、情報収集にはとても便利といえます。

関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)/関西圏(大阪・京都)の社内SE求人に強いので、こうしたエリアで転職をご希望のエンジニアの方に社内SE転職ナビはおすすめです。

気軽に相談していただきたい、ということから転職を前提としないキャリア全般の無料相談が出来るカウンセリングコースもあります。

ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

⇒ 顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

ワークポート

ワークポートにも社内SE求人が多くあります。

元々IT業界に非常に強い転職エージェントですし、今は総合転職エージェントとして非常に多くの企業と取引があります。
その中で、社内SE求人も増えてきたのだといえるでしょう。

転職エージェントの中でも、ワークポートは社内SE求人が多いといえます。

対応エリアも広いので、地方にお住まいのエンジニアの方も転職活動にぜひ活用されてみてはと思います。

⇒ ワークポートで社内SE求人を探してみる

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITはIT・WEBエンジニアに特化、社内SEの求人数も豊富です。
マイナビグループとして知名度、信頼度も高い転職エージェントといえますね。

転職大手エージェント、ということで求人数は業界トップクラスです。
(非公開求人も含め)

20代、30代、第二新卒といった若手エンジニアの転職支援にも強みがあります。

インフラエンジニアから社内SEへの転職を目指す方もいらっしゃると思います。

エンジニアの方一人ひとりに合わせたサポートをしてもらえますので、転職相談に活用されてみてはと思います。

IT求人を取り扱っているエリアも広く、地方で転職を希望されているエンジニアの方にもマイナビエージェントITは、おすすめの転職エージェントです。

⇒ マイナビエージェント×IT 転職支援の特徴はこちら

-社内SE転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.