社内SEへの就職

社内SE転職

社内SEに求められるスキル

社内SEに求められるスキル

社内SEに求められるスキルについて、ご紹介しています。

これから社内SEへの就職、転職を目指す場合には、仕事内容を理解し、求められるスキルがあるかどうかを判断することが重要です。

社内システムの開発、運用保守、新規システムの要件とりまとめ、開発会社のマネジメント、セキュリティ対策、ヘルプデスク業務などまで。

企業によっても社内SEに求められるスキルが変わってきますから、情報収集はとても大切です。

求められる役割、仕事内容によって必要なスキルが見えてきます。

今のスキルで応募可能な企業を探す、といった選択肢も必要でしょう。

そのための活用をおすすめするIT・WEB業界に特化した転職エージェントの話題についても掲載しています。

社内SEの仕事内容とは?

社内SEの仕事内容について最初に抑えておく必要がありますね。

社内SEとして就職、転職する企業によって仕事内容には差がありますが、共通して以下の仕事内容や役割が求められることになります。

主な仕事内容を最初に抑えておきたいと思います。

ヘルプデスク業務

社内SEの業務として、ヘルプデスク業務があります。

やはり傾向としては年齢が高い社員層にパソコンに弱い方達が多いと言えますが、トラブルによってはパソコンに慣れている年代の社員からもヘルプが来ます。

「パソコンが壊れたようなので見て欲しい」

「スパムメールを間違って開封、クリックもしちゃったけど大丈夫かな?」

「新しく導入されたシステムの使い方が分からないので、教えて欲しい」

「私のパソコンだけ社内LANに繋がらない・・・」

情報システム部門として、社内SEの人数が比率として少ない場合にはヘルプデスク業務に忙殺される可能性もあり、求人に応募しようと思っている企業の詳しい情報収集が大切といえます。

ヘルプデスク業務をとにかくやりたくて社内SEへの転職を目指したい!という方はあまりいらっしゃらないですよね・・・?

ヘルプデスク業務は社内の様々な人たちと(上層部も含めて)人間関係を構築できる良い機会!

と前向きに捉えるなども必要かと思います。

社内インフラ整備業務

社内SEの重要な仕事として、社内の情報インフラ整備もあります。

社内システムが安定稼働することはとても大切です。

そのため、システム開発の知識だけではなく、サーバーやネットワークなどインフラ周りの知識を必須とする社内SE求人もあります。

最近だとクラウドサービスを利用する企業も増えていますから、インフラエンジニアでクラウド知識がある方は、社内SEとして非常に需要が高い求人もあるでしょう。

社内システム開発業務、運用、保守

社内SEの仕事内容として、社内システム開発業務、運用、保守があります。

社内で使用する様々なシステム、勤怠管理、給与計算・会計、在庫管理、様々なシステムを安定稼働させつつ、改善、時には新規開発も行っていくことになります。

開発業務に関しては、外注する企業も多いのでそうした場合には、社内SEはプログラミングをすることはあまり無く、開発会社のマネジメント、調整などが忙しくなります。

自分でもプログラミングできる環境で仕事がしたい、といった場合には、自社開発も行っている企業の社内SE求人を中心に探すなども大切となってくるでしょう。

社内SEに求められるスキル

社内SEの需要は高いといえます。

今やITシステムはあらゆる企業にとって重要ですし、対応のスピード感をもとめ、これからシステム部門の内製化を行っていきたい、という企業も多いはずです。

外注に出していると、やはりレスポンスが遅かったりしますからね。

社内SEは非常に人気の高いITエンジニア職となっています。

所属する企業によって必要とされる社内SEのスキルも差がありますが、以下のようなスキルがあると中途採用も狙いやすくなるのではないでしょうか。

社内SEに求められるスキルを理解し、面接の際もアピールするポイントに注意が必要です。

プログラミングスキル

システム開発、保守などで社内SEもプログラミングを行う企業は多く、プログラミングスキルが必須経験として求められる社内SE求人もあります。

会社によって使用しているプログラミング言語は異なりますので、事前に確認が必要でしょう。

大企業だと古いシステムが残っている場合もあり、思いもよらず伝統的な言語を覚える必要性に迫られることもあります。

ただ、業務委託を受けて最新の言語に取り組むことが多いSE、といったような状況になることは少なく、基本的には同じプログラミング言語で業務を行うことが多いといえます。

新しくスキルを身に付けられる環境が好き、というエンジニアの方は職場環境に注意が必要です。

マネジメントスキル

開発業務については、外注する企業も多いです。

社内SEの仕事として、そうなるとマネジメントスキルがとても重要となってきます。

プロジェクトの進捗管理、スケジュール管理、社内ユーザー部署と外注会社とのやり取りのとりまとめ、といった仕事が増えてくる可能性があります。

上流工程に携わることが出来る、ということから開発会社のエンジニアだったとしたらほぼ経験できないやり甲斐のある仕事になるといえます。

外注管理のできるマネジメントスキルは急に身に付くものではないですから、即戦力を求められるケースは多いと言えるでしょう。

コミュニケーション能力

社内SEの仕事は、多くの人達と関わることになります。

社員からの要件とりまとめ、トラブル対応、新規開発の根回し、プレゼン、外注先の開発会社スタッフなど多くの人間と関わることになりますし、様々な連携、調整も必要となってくるでしょう。

社内SEの採用の際、スキルがあることも重要だけれど、コミュニケーション能力も重視するというケースは非常に多いです。

ただし、異動はほとんどない社内SEですから、しっかりと社員とコミュニケーションが取れ人間関係が構築できた後は、仕事がやりやすいと感じることが多いようです。

セキュリティ対策スキル

さらに重視されるようになってきているのが、セキュリティ対策です。

会社で個人情報を管理している場合には、非常に神経を尖らせる必要があるのがセキュリティです。

万が一、この部分で疎漏があり個人情報が抜かれてしまうと、会社に大きな損失を与える可能性が大です。

もちろん企業の競争力の源泉となるデータも対象となるでしょう。

ウイルス対策、サイバー攻撃などに対して社内SEにセキュリティ対策の役目がある企業も多いです。

社内SEの人間だけ気をつけてもだめですから、全社員にしっかりとセキュリティ対策を周知するような積極的な姿勢も重要となってきます。

社内SEに必要なスキルを身に付けるには

これから社内SEへの就職、転職を目指す方も多いと思います。

すでに他職種エンジニアの方であれば、スキル的には即戦力となっている方も多いでしょう。

その場合には、社内SEとして求められる役割がを抑え、上手く採用担当者にアピールできるように履歴書や職務経歴書にまとめ、面接対策を行うことが重要となってきます。

未経験から社内SEへの就職、異業種転職を目指す場合には、スクールに通うなどしてスキルを身に付ける方法もあります。

参考書を元に独学で言語、システム開発など勉強して就職に結びつける方もいます。

資格取得も有効な方法です。

未経験者の方であれば、ITパスポート試験などはチャレンジしやすい資格といえるでしょう。

多くの中小企業にとって社内SEは多くの人数を採用するポジションではありません。

社内SEが一人で何役もこなして貰える方が助かります。

その上で、社内SEはコミュニケーション能力がとても重要な職種となります。

社内SEに求められる役割を理解して、しっかりと面接官にアピールすることができれば、高い競争の中でも内定獲得に近づくといえるでしょう。

その企業が社内SEに何を期待するか、といったことを理解して準備をすることがとても大切です。

そして、そのための企業の詳しい情報収集には、転職エージェントの活用が欠かせません。

求人先の企業がどういった目的で今回、社内SEの中小企業を行うのか、といった情報も把握していることがあり、面接対策などのサポートもしっかり行ってくれます。

⇒ 非公開求人も含め、社内SE求人が多い転職エージェント

ぜひご活用の上、好条件、高年収の社内SE求人案件の情報を得てみてください。

-社内SE転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.