社内SE未経験で転職

社内SE転職

社内SE未経験 転職するために

社内SE未経験で転職

社内SE未経験、転職を目指している方も多いと思います。

他の職種のエンジニアとして働いている方から見て、社内SEは魅力ある職種に映ると思います。

実際、社内SEに転職をしてライフワークバランスが良くなった、という体験談はよく見ますし、客先常駐型で短期間でプロジェクトが変わるプログラマーやインフラエンジニアといった方からみると自社でずっと仕事が出来るということ自体が大きな魅力でしょう。

30代、40代、これからの自分でのエンジニアとしてのキャリアを考えて、いつまでもこの働き方(客先常駐)はキツいな・・・

といった時、社内SEへの転職が思い浮かぶエンジニアの方は多いのではないでしょうか。

社内SE未経験 転職するには
未経験から社内SEへ転職成功のためのポイントについて掲載しています。

社内SE未経験可の求人に応募する

未経験から社内SEに転職を目指すには、未経験可の求人を見つけることが必要です。

社内SEの業務も会社によって様々に異なります。

求人先の企業が求めるスキル、開発経験などがあるかどうかもチェックしつつ、社内SE未経験可の求人を探すことが重要です。

社内SE求人が多く、活用をおすすめしたい転職エージェントをこちらでご紹介しています↓

他職種エンジニアが未経験の社内SEへ転職できる可能性

他職種エンジニアが未経験の社内SEへ転職できる可能性は高いと言えます。

社内SEに必要なスキルを身に付けている方は多いでしょうから、後は面接対策などが重要となってくるでしょう。

社内SEは自社の社員がユーザーです。

そのため、自分の仕事の反応を見ることができることも、社内SEの仕事のやり甲斐としてあげる方も多いです。

客先常駐や委託開発の場合には、納期に間に合うように必死で仕事をして、終わったらまた新たなプロジェクトに参加して・・・といったことを繰り返すため、自分の関わったシステムがどう使われているのか、改善はどうなっているのか、といったことを思い出すことも無いのではと思います。

そうした働き方に嫌気が差して、未経験ながらも社内SEへの転職を希望する・・・といった転職理由は実に多いようです。

ですから、同じように社内SEへの転職を希望される方も安心してください。

そのように転職活動をスタートし、実際に未経験から社内SEへ転職した方は多いということになります。

社内SEへの転職にはコミュニケーション能力も大切

社内SEへ転職する場合、サーバースキル、開発経験、どういった言語での開発をしてきたのか(プログラミングスキル)、設計・開発・保守・運用など経験があるか、といった点は必須となる場合が多いでしょう。

社内SEの主な業務がヘルプデスクという会社の場合には、コミュニケーション能力が重視される傾向があります。

どちらの場合であっても、ユーザーは社内の社員となりますので社内SEとしてコミュニケーションは重要視されるでしょう。

面接でも、コミュニケーション能力に関してはチェックされていると心得ることが大切です。

開発経験のあるエンジニアの方は、社内SEとして活躍出来るスキルを既にお持ちの場合が多いと思われますので、社風に合う人材か、素直さ、コミュニケーション能力なども重要なポイントになる場合も多いでしょう。

転職エージェントを利用して面接対策などをする場合、そうした企業ごとの情報も事前に得て、対策をすることができるメリットがあります。

社内SEとしてはマルチな知識を持った人が歓迎されます。

そうした社内SEの役割も理解して、面接などでもアピールできると採用されやすくなるかもしれません。

社内SEの面接で「転職しても開発をバリバリやりたいです!」といったアピールをしてもズレてしまうので、注意が必要です。

エンジニア未経験者が社内SEに転職できる可能性

IT業界未経験、エンジニア未経験者の人でも社内SEとして転職できるケースもあります。

人気の社内SEですが、未経験者を採用したい、という企業も中にはあると言います。
自社で社内SEを育成しようという企業も存在します。

その場合、情シスに指導が可能な先輩社内SEがいることが多いです。

もし、そうした未経験可の社内SE求人を狙って転職活動をするのであれば、年齢的には20代の間が有利ですね。

30代を過ぎると、他の業界でも同様ですが即戦力であることが求められるようになります。

未経験者を採用する場合、重視するのはやはり素直さ、コミュニケーション能力のある人。

もちろん面接では、入社したら頑張ることをアピールするのは重要です。

社内SE 未経験新卒は難しい?

新卒で社内SEになるのは実際のところ、難しいです。

それは単純に、社内SEで未経験新卒採用が少ないためです。

社内SEは基本的には中途採用、即戦力を採用する企業が多いので、プログラマーやSEなどで経験を積み、

「さて自分のこれからのキャリアをどうしようかな・・・」

「客先常駐はもうイヤだ!辛い・・・」

と考えて社内SEへ転職、という道を辿るエンジニアの方が多いといえます。

新卒で社内SEに就職する人もいるのですが、ごく一部と考えて良いでしょう。

社内SE求人に強い転職エージェントを利用して未経験可の求人を探す

未経験から社内SEへ転職を目指す場合、まず重要なのは、

「未経験可の社内SE求人の情報収集をすること」

となります。

できるだけ、求人数の多い転職エージェントを利用されることをおすすめします。

社内SEの求人数を多く保有する転職エージェントを利用した方が、今までのエンジニア経験から内定を獲得しやすい企業を見つけられるかもしれません。

-社内SE転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.