客先常駐SEから社内SEへの転職

社内SE転職

客先常駐SEから社内SEへ転職したい!

客先常駐から脱出したい、転職したい

次の転職先には社内SEを希望したい。

実際、そうした希望条件で社内SEに転職すべく、エンジニア専門の転職エージェントに登録をされるSEやインフラエンジニアといった方は多いということです。

実際、客先常駐はツライです。
客先常駐で何年も揉まれてきたエンジニアの方は、もうそろそろ限界を感じているかもしれません。
新卒でSES入社していきなり客先常駐で洗礼を受け、参っている新人さんもいるかもしれません。

客先常駐SEを辞めたい。

もっと開発に専念したい、もっと年収アップしたい、残業、休日出勤が多い働き方をもう辞めたい。
働く場所が変わるのはもう嫌だ。

社内SEに転職することで、これらの不満が解消される可能性があります。

この記事では、客先常駐SEから社内SEへ転職する方法についてを中心にご紹介しています。

客先常駐から転職、社内SEに転職するには

客先常駐エンジニアから社内SEへの転職を目指す場合、情報収集にはITエンジニアの転職に強い転職エージェントの利用が欠かせません。

中でも、社内SEの求人が多いのはマイナビエージェントです。

マイナビエージェント×IT 社内SEに転職

客先常駐SEから社内SEに転職することで、得られるメリット、そして求人数が業界トップクラスに多いマイナビエージェントならではの求人案件の紹介数です。

マイナビエージェント×ITは社内SEへの転職を目指すITエンジニアの方に、おすすめの転職エージェントです。

⇒ マイナビエージェント×IT

ホワイトな働き方ができる社内SE

私の友人が社内SEで働いていました。

そして、私は客先常駐SEで毎日追い込まれて働いていました。
(SEというほどの経験もない新卒エンジニアでした。そのため、余計に苦労する羽目に・・・)

久しぶりに会い、飲みながら聞いた話です。

私がいかに客先常駐の働き方がきついか、ストレスを抱えているか、しまいには転職を悩んでいるかを話し終えると、彼はおもむろに社内SEのホワイトさを話し始めました。

  • 毎日ほぼ定時帰宅、残業無し
  • 残業したらちゃんと残業代が出る
  • 休日出勤なし、土日祝日はしっかり休めてる
  • 有給消化しやすい
  • リフレッシュ休暇などもある
  • 実際の開発作業はベンダーに投げるので楽
  • 納期がゆるいので楽

結論として、

社内SEはホワイトだからそんなに辛いなら転職したら?

ということです。

でも、プログラミングとかしないし技術力はあまり身に付かないよ、開発は外注するからね、ということでした。
年収もあまり上がらないよ、と。

しかし、客先常駐のハードな働き方に耐えてきた私には、社内SEはとても魅力的な働き方にしか感じられませんでした。

同じように社内SEへの転職を目指すエンジニアの方は、多いのではないでしょうか。

客先常駐SEから転職したい理由

客先常駐を辞めたい、転職したい理由として多いであろう転職理由です。

例えば以下のような客先常駐から転職したい理由が、いくつもある方も多いのではと思います。

  • 給料が低い
  • 年収アップしない
  • スキルアップできない
  • プロジェクトごとに現場が変わる(通勤先が変わる)のがストレス
  • 将来が不安
  • 1人で客先常駐がツライ
  • 待機期間が増えてきた気がする
  • ちゃんと休みを取りたい

もっとあるかもしれません。

一つではなくて複数の転職理由がある方も少なくないでしょうね・・・。

実際に転職活動をする場面になりましたら、いずれもネガティブな印象を与える転職理由となりますので、ポジティブに変換して面接官にアピールすることが必要となります。

客先常駐SEを続けるデメリット

客先常駐SEを辞めたい

客先常駐SEとして働いていた経験からいうと、

客先常駐SEは長く続けるのはまずい

ある程度の年齢で転職した方が良い、とは思っていました。

年齢が上がると、さらに転職が難しくなってしまうのは先輩エンジニアを見て実感しました。

客先常駐から早く脱出した方が良い、その理由としては以下となります。

客先常駐はスキルアップが難しい

客先常駐として働いていると、スキルアップをするのが難しいです。

テストばかりの現場に入ってしまったら?

そうした現場が続いてしまったら?

スキルアップは難しいです。
しかもなぜか残業して急ぎで評価をお願いします、といったこともあったりします。

夜勤でテスト、保守・運用など・・・。

帰宅後、休日に勉強してスキルを磨くことでスキルアップすることは可能ですが、そこまでのモチベーションが発揮されるわけもなく、眠りこけるだけです。

そんな現場ばかりではないと思いますが、客先常駐で働く場合には仕事を選べない、というハードな環境があります。

仕事ですから文句は言えません。

もし、そんな状況のまま年齢を重ね、30代、40代・・・となるとどうなるでしょうか?

スキルの無い客先常駐エンジニアは、40代後半くらいから仕事が激減していく可能性が高いのです。

転職も難しいです。

一般的に求められる年齢相応のSEのスキルがありません。

そして、50代になると一気に市場価値が下がります。

末路といっても良いのではないでしょうか。

昇進出来ない

客先常駐でずっと働いていますから、上司が評価するといっても会ったこともないのに評価がされます。

上司自身もどこかの現場で常駐している可能性もあります。

SES会社のポジションは少ないですから、昇進もなかなか出来ません。

それ以前に、昇進するよりも転職したい、という人の方が多いのではないでしょうか。

通勤先がプロジェクトごとに変わる

客先常駐SEはプロジェクトごとに現場が変わります。

自宅から近ければ、ラッキーです。

遠いことの方が多いと思います。

入社前にどこに常駐することが多いか?と聞けると良いのですが、そんなことまで知らない人の方が多いでしょう。

片道1時間半、そうした現場になることも少なくありません。

引越すにしても、お金がありません。

仕事が無くなる可能性がある

もしかすると、客先常駐SEの能力や勤怠が理由で仕事が切られる可能性もあります。

また、単純に人手がそこまで必要ではなくなったので人数調整のために真っ先に切られる、といったこともあります。

客先常駐SEから転職した方が良い理由「年収アップしにくい」

客先常駐SEの将来性を考える中で、一番大きなリスクになってくるのが、

年収が上がらない問題

です。

客先常駐SEはその働き方の性質上、年収アップしにくいのです。

エンジニアの給料を抑えることで、会社として利益を出しているためです。

請け負った単価をそのままエンジニアに給料として支払っていたら、会社が潰れてしまします。
事務所の家賃などの経費、営業職・事務職の給与、求人広告費、会社の税金、諸々の支出もあります。

そのため、どうしてもベテランSEであっても給料が低く抑えられるということになりやすいのです。

生涯賃金も低い、ということになります。

IT業界もピラミッド型構造ですから、元請けSIerなどから下流に仕事が発注されていく間にピンハネされていきます。

そしてさらに会社にも持って行かれる・・・。

40代で年収400万円、となると将来設計も難しいのではないでしょうか・・・

フリーランスでもし頑張ってきたのであれば、月単価80万~100万といったフリーランスエンジニアになれていたかもしれません。

経験を積んできたフリーランスの単価は高いですからね。

といったように客先常駐を続けていると、年齢を重ねても年収アップは難しいのです。

それにあまり高単価のSEは客先常駐として仕事が決まりにくいです。

客先常駐場合、基本的には下流工程を担当することが多いです。
ですから、そこそこ能力があって若く給料の安いエンジニアが歓迎されます。

それもあって、40代以降のエンジニアは待機が増えてくる・・・といった流れが予想されます。
客先常駐SEは同世代のエンジニアの平均年収より低い年収になってしまう可能性が高いです。

年収アップしたい、というのであれば転職が最も現実的な選択肢といえるでしょう。

客先常駐SEから社内SEへの転職はおすすめ

このように、長く客先常駐を続けていると、リスクやデメリットが大きいといえます。

もしまだ若いエンジニアの方は、将来のキャリアについて一度時間を取ってお考えになってみることをおすすめします。

社内SEは、

  • ずっと同じ職場で働ける
  • 客先常駐の時よりも高年収の社内SE求人は多い
  • エンドユーザーが社員で距離が近い
  • 上司にきちんと評価して貰える
  • 残業がほとんど無い
  • 納期が緩い

といったようなメリットがあります。

もちろん、社内SEには社内SEならではの大変さはあります。

しかし、客先常駐の働き方に将来性の無さ、給与への不満、ストレスなどを感じている方にとっては、社内SEへの転職はメリットが大きいのではないでしょうか。

客先常駐SEはを辞めたい、転職したい!

客先常駐SEで働くのはもう辞めたい!

といったことであれば、転職が最も現実的です。

転職をお考えになる場合、30代になってくると徐々に転職のハードルが上がってきますので、年齢を考えると若い方が良いでしょう。

40代での転職活動はかなり厳しめです。

前述したように客先常駐SEはスキル・経験が不足していることが多く、マネジメント経験も積むのが難しいことも多いため、転職に失敗、諦めて今までと同じような客先常駐SEを続ける・・・といった選択肢しかない可能性もあります。

客先常駐SEからの転職を考えた場合、年齢がとても重要です。

今すぐ転職する、しないにせよ、転職について興味がある方は情報収集をスタートしてみることをおすすめします。

冒頭でもご紹介しましたが、マイナビエージェントは社内SEの求人が多く、サポートも手厚いので転職におすすめです。

こうした転職エージェントを利用するメリットの一つに、市場価値を客観的に教えてもらえる、ということがあります。

目指すキャリアに足りないスキルなどがあれば、アドバイスをもらえる場合もあります。

転職エージェントに相談をしてみて、具体的に求人を紹介してもらえる場合には、転職を検討するのも良いと思います。

色々な選択肢で考えてみることは大切ですね。

20代、30代のエンジニア転職であれば、転職支援実績が多い、

⇒ マイナビエージェント×IT

などへ相談されることをおすすめします。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×IT 社内SEに転職

マイナビエージェント×ITは社内SEの求人を多く取り扱っています。

情報収集におすすめの転職エージェントです。

20代、30代のエンジニアの転職支援に強いので、ぜひ相談されてみてはいかがでしょうか。

⇒ マイナビエージェント×IT

社内SE求人に強い、おすすめ転職エージェント

社内SEへ転職を希望される場合、重要なのは転職先の企業の詳しい情報を得ることです。

求人サイトで調べた方が多くの求人情報から探すことが出来ますが、転職後にどういった働き方になるのか、具体的なことが分かりにくいデメリットがあります。

社内SEといっても、忙しさ、業務内容、待遇は企業によってかなり異なる場合があります。

転職エージェントは企業の社風、現在いる社内SEがどういった働き方をしているか、面接対策のサポートなども受けられますので有利に転職活動をすることができます。

忙しい日々でもあると思いますので、社内SEへの転職をお考えになった場合にはぜひ活用して転職活動を進めてみてはと思います。

IT転職エージェント

業界大手の転職エージェント。求人数が業界トップクラス、
⇒ マイナビエージェント×IT

アドバイザーがIT業界に精通している、
⇒ レバテックキャリア

社内SEに特化している転職エージェント。
⇒ 社内SE転職ナビ

などを活用されての情報収集をおすすめいたします。

いずれも相談は無料です。

-社内SE転職
-

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.