フリーランスのフロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニア転職

フロントエンドエンジニア フリーランス 年収

フロントエンドエンジニア フリーランスの年収

フロントエンドエンジニアはフリーランスになっても稼ぐことが出来ます。

フロントエンドエンジニア フリーランスの年収について。

将来的には独立、フリーランスになって稼ぎたいという方も多いのではと思います。
どれくらいの年収が稼げるのでしょうか。

少なくとも正社員として企業に勤めるよりも稼ぎたいですよね。
年収1000万も狙えるなら狙いたい。

もしくは近々フリーランスになる予定だけど、高単価の案件ってどこで見つける事ができるの?とフリーランス向け求人サイトなどお探しになっている方もいらっしゃるかもしれません。

この記事ではフリーランスのフロントエンドエンジニアの平均年収、案件の単価相場、高単価の案件が見つかりやすいフリーランス向けエージェントについての情報を掲載しています。

フロントエンドエンジニア フリーランスの年収はどれらい?

フリーランスのフロントエンドエンジニアの平均年収は450万円前後、と言われています。

ただ、フロントエンドの開発経験年数やスキルなどによって単価相場も変わってきますので、平均年収以上に稼ぐフリーランスの方もいらっしゃいます。

フリーランスは様々な働き方ができる自由さも魅力です。

フルスタックを目指してスキル研鑽に繋がる案件を選ぶことも出来ますし、とにかく高単価の案件への参画を狙う働き方もできます。

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件であれば、

⇒ ギークスジョブ

⇒ techcareer freelance(テクフリ)

などは案件数も多く、高単価の案件も多いです。
フロントエンドエンジニアの案件の場合、高単価の案件だと100万円/月で見つかります。

上記はフリーランスの方におすすめのエージェントです。

自由度の高いフリーランスの働き方、年収100万など高年収を追求することも可能

高単価のフロントエンドエンジニアのフリーランス案件

フリーランスの働き方は自由度が高い働き方となります。

それが魅力でフリーランスになるエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

子育てや介護などがあるために週3日のフリーランス案件を中心に働く、といったエンジニアの方も。

基本的には週5日のフリーランス案件がフロントエンドエンジニアでも多いですが、エージェントを介して探すことによって様々な働き方ができる求人案件を見つけることが出来ます。

場合によっては、働き方について交渉も行ってもらうことが出来ます。
(スキルや経験などは考慮されるとは思います)

また時間に余裕がある場合にはクラウドソーシングでさらに副業的に案件をこなしたりすることで、さらに収入アップをすることも可能です。

フルに働いて、どこまで年収をアップさせられるか追求することもフリーランスであれば自由にやりやすいでしょう。

フロントエンドエンジニア フリーランスの単価相場

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件の単価相場について。

例えばフリーランスのエンジニア向け案件が豊富なテクフリによりますと、フロントエンドエンジニアの単価相場の平均は73万円となっています。

テクフリ フロントエンドエンジニア単価

弊社調べのフロントエンドエンジニアの平均単価は73万円です。単価の幅は下限で40万円、上限が110万円となっています。共に案件数が5以下です。一方、案件数が最多で230件の単価は80万円です。フロントエンドエンジニアの案件数はトップクラスのため、仕事に困ることも少ないでしょう。

フリーランスはともすれば仕事が不安定になる可能性があります。

それをカバーするのが、テクフリのような案件を豊富に保有するエージェントです。

特にフリーランスとして独立直後は直で仕事をもらえるクライアントも無い方も多いと思いますのでテクフリなどのフリーランス専門エージェントの活用は欠かせません。

techcareer freelance(テクフリ)

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件はテクフリの他のサイトでも多く見つけることが出来ます。

先ほどご紹介しましたが、ギークスジョブもフロントエンドエンジニアの案件数は多いです。

こうしたフリーランス専門エージェントを活用されることで、フリーランスになった後も安定して収入を得ることができるでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収

これからフロントエンドエンジニアになり、将来的にフリーランスを目指したい。

そのために平均年収を知りたい、といった方もいらっしゃるかもしれません。

フロントエンドエンジニアの平均年収は450万円~500万円と言われます。

経験を積んだ40代のフロントエンドエンジニアで年収500万円~といった年収となる企業が多いようです。

正社員の場合、勤務する企業の規模に比例して年収が高くなるケースは多く、転職によって年収アップを狙う方も。

他には、技術力を高めて年収アップに繋げる方法もあります。

企業によってはスキル、技術力をしっかりと評価してくれて、年収アップとなる場合もあります。

フロントエンドエンジニアの年収700万円、年収800万円といった企業も存在しますので転職の際にはぜひ情報収集を行われることをおすすめします。

未経験からフロントエンドエンジニアに転職した場合の年収

未経験からフロントエンドエンジニアになった場合の年収ですが、転職する企業によって給与は異なりますが年収相場としては、

年収300万円~

が一般的といえるでしょう。

未経験からの転職では年齢に限らず、年収300万円くらいからのスタートと考えた方が良いかと思います。

しっかりとスキル・経験を積み上げていき、将来的な年収アップを目指して行きましょう。

フロントエンドエンジニアの年収アップにつながるスキルとは

フロントエンドエンジニアとして年収アップするには、スキルアップが重要となります。

単価が上がりやすいのは、やはりその案件に特有のスキル・言語が使える場合などです。

スキルアップを意識して様々な案件に参画する事で、技術力なども磨いていくことが出来るでしょう。

様々な経験を積むことでスキルアップにつながります。

フロントエンドエンジニアとしての必須スキルはHTML、CSS、JavaScript、PHPなどですが、バックエンド言語にも精通する方は、やはり高単価の案件に参画しやすくなることがあります。

フリーランスは自己管理が大切になりますから、時間を有効に使ってスキルアップしていくことも大切です。

また、リーダー経験などがあると単価アップになることも多いです。

フリーランスの魅力に、高年収も実現可能ということもあるでしょう。

スキルアップ、経験を積んでいくことで、会社員時代には実現は難しい年収1000万オーバーも夢ではありません。
(税金がたくさん引かれますので、実際あまり嬉しくないかもしれませんが・・・)

年収1000万は、会社員だとまず難しい年収ですよね。

フリーランスならではの目標設定ではと思います。

フリーランスのフロントエンドエンジニア 高単価の案件を見つけるには

クラウドソーシングを利用しても、フロントエンドエンジニアの仕事は探すことが出来ます。

しかし、こうしたクラウドソーシングサイトは応募のハードルが下がっており、人気が集中する案件になると数十名~といった応募があり、仕事を請けるのも大変です。

また単価も仕事の競争となるために安くなりがちです。

フリーランスのフロントエンドエンジニアとして高単価の案件を探す方法としては、フリーランス専門エージェントの活用がおすすめです。

記事中でもご紹介をさせていただきましたが、フロントエンドエンジニアのフリーランス案件であれば、

⇒ ギークスジョブ

⇒ techcareer freelance(テクフリ)

などは案件数も多く、高単価の案件も多いです。

フロントエンドエンジニアの案件の場合、高単価の案件だと100万円/月で見つかります。

フリーランスの働き方をサポートしてもらうことができますので、ぜひ活用をおすすめしたいと思います。

フロントエンドエンジニア フリーランス 関連記事

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価、案件

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価相場について。
フリーランスのフロントエンドエンジニア案件・求人を豊富に保有しているIT・WEB業界フリーランス専門のエージェントもご紹介しています。

-フロントエンドエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.