フロントエンドエンジニア フリーランス

フロントエンドエンジニア転職

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価相場、年収

2020年4月30日

フロントエンドエンジニア フリーランス単価相場、年収や案件を探す方法についてご紹介しています。

在宅でも働きやすいことから、フロントエンドエンジニアのフリーランスの働き方に興味のある方も多いと思います。

実際、ITエンジニア職の中でも最もフリーランスに向いているといえるのがフロントエンドエンジニアといえます。

フリーランスになると、会社員時代よりも働き方に融通が利きやすくなりますし、年収もアップする方も多いです。

キャリアパスとして、フリーランスのフリーランスエンジニアになるのが目標だった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価相場。
また案件・求人を豊富に保有しているIT・WEB業界フリーランス専門のエージェントもご紹介しています。

フロントエンドエンジニア フリーランス 単価相場、年収

フロントエンドエンジニア(フリーランス)の単価の平均は73万円となっています。

年収にすると876万円となります。

フリーランスで働く場合、基本的に会社員時代よりも高年収の働き方が出来ます。

経験に応じて高単価になっていきますので、フリーランスになったばかりの頃は月単価40万~といった案件が多いかもしれませんが、経験を積むに従って高単価で案件に参画できるようになっていきます。

フリーランスは案件を選んで応募出来るメリットを活かして、経験を積めるとキャリアアップを目指していくことが出来ます。

フリーランス向けエージェントを利用して単価交渉をすることも可能ですから、経験に合わせて交渉をしてみるのもおすすめです。

単価アップは年収アップになりますね。

マネジメントスキルなどがあると、さらに高単価を狙いやすくなります。

フロントエンドエンジニア フリーランスの単価について

フリーランスのフロントエンドエンジニアとなった場合、どれくらいの単価で案件を請け負えるのでしょうか。

単価は収入に直結する部分ですから、1万円でも高額な方がエンジニアとしては嬉しいですよね。

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件の単価・相場ですが、例えば、フリーランスのエンジニア向け案件が豊富な、テクフリによると、フロントエンドエンジニアの単価相場、平均は73万円となっています。

テクフリ フロントエンドエンジニア単価

弊社調べのフロントエンドエンジニアの平均単価は73万円です。単価の幅は下限で40万円、上限が110万円となっています。共に案件数が5以下です。一方、案件数が最多で230件の単価は80万円です。フロントエンドエンジニアの案件数はトップクラスのため、仕事に困ることも少ないでしょう。

techcareer freelance(テクフリ)

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件はテクフリの他のサイトでも多く見つけることが出来ます。

もしフリーランスとして独立するとしても、フロントエンドエンジニアは需要も多く、案件数も豊富ですから仕事探しは比較的容易に進むのではと思います。

フリーランスエンジニアの求人・案件は、テクフリの他にも、

IT系フリーエンジニア案件6000件以上【ギークスジョブ】

なども案件が多いので、情報収集におすすめをしています。

こうしたエージェントを利用すると、実際に案件を探す場合に単価交渉も依頼出来るのでフリーランスのエンジニアとしてはメリットは大きいと思います。

フリーランスのフロントエンドエンジニア 需要・将来性

フリーランスとして働き始めるにしても、これからフロントエンドエンジニアになることを目指すにしても将来性があるかどうか、フロントエンドエンジニアの需要が引き続きあるかどうかは気になるところです。

Webサイトを持つことは一般的になりましたし、一つの企業でも商品毎にWebサイトを立ち上げたりすることもあります。

実際、フロントエンドエンジニア求人を調べてみても求人数は多く、仕事の需要は多い状況です。

クラウドソーシングでもフロントエンドエンジニア案件はありますね。

お持ちのスキルによって案件は探しやすい状況にあるといって良いでしょう。

デザインからコーディング、カスタマイズまでトータルで請け負える方は、市場価値を高いといえますのでライバルが増えてもフリーランスとして生き残りやすいのではないでしょうか。

古いWebサイトを新たに作り替える、CMSを立ち上げて移行したい、といったニーズも引き続き存在します。

特に、CMSでも利用者が多いWordPressのカスタマイズ、プラグインも含めて行えるエンジニアの方は、非常に有利に仕事を探すことができるでしょう。

PHPやPerlなどスキルがあると強みとなります。

フロントエンドエンジニアの需要・将来性は引き続き高いといえそうですが、WEBは新しい技術が出てきやすいということもあり、新たな技術動向には注意を払ことは大切といえます。

フロントエンドエンジニア フリーランス案件を見つけるには

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件・求人を見つける方法ですが、効率良く情報収集をするには豊富な案件を保有しているフリーランス専門のエージェントを利用する方法がおすすめです。

いくつかフリーランス向けエージェントがありますので、その中でもフロントエンドエンジニアのフリーランス案件が多いところをご紹介いたします。

ギークスジョブ

ギークスジョブは業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名。
高年収を実現しているうフリーランスのエンジニアも多数登録。

案件探しから案件参画後までの手厚い専任サポート体制が強みです。

フリーランスのエージェントも安心して働ける福利厚生プログラム「フリノベ」もあります。

案件が安定して見つけやすいこと、働きやすさ、安心を求めるエンジニアの方にもおすすめです。

オフィスは、

  • 東京本社(渋谷)
  • 渋谷サテライトオフィス
  • 大阪支店
  • 福岡支店
  • 名古屋サテライトオフィス

とありますので、関東、関西、福岡、愛知といったエリアのフリーランス案件に強いエージェントとなります。

⇒ IT系フリーエンジニア案件6000件以上【ギークスジョブ】

テクフリ

テクフリはWeb系エンジニアに特化したITフリーランス専門エージェントです。

  • 受注還元率90%により他社よりも収入アップ可能
  • 非公開案件多数98%がエンド直案件
  • 親身なサポートにより契約更新率90%

という特徴があります。

受注還元率が明示されている案件も多いのに驚くフリーランスの方も多いのではないでしょうか。

フリーランス協会に無料加入できるなど、フリーランスの福利厚生が充実していることも、テクフリの特徴といえます。

東京都(特に渋谷)のフリーランス案件が中心です。

テクフリは高単価案件が多いこと、それに加えてフリーランスで働く際、不安に感じる福利厚生の部分をカバーすることが可能です。

⇒ techcareer freelance(テクフリ)

フリーランスのフロントエンドエンジニアは稼げる

フリーランスの魅力は高年収が可能、ということもあると思います。

会社員時代には実現は難しい、年収1000万も夢ではありません。

もちろん年収1000万を超えられるのは一握りといえますが、目標としてお持ちになるのはおすすめです。

フロントエンドエンジニアとして会社勤めをしていると、まず難しい年収です。

フリーランスならではの目標設定でしょう。

先ほどもありましたが、フリーランスのフリーランスエンジニア案件の単価相場は73万円となっています。

必要とされるスキル、例えば、JavaScriptに精通していると年収800万円前後は狙えるでしょう。

上記にご紹介したような、フリーランス専門のエージェントを利用することで、スキルなどに応じて単価交渉など代わりに行って貰うことも出来ます。

未経験からフリーランスとして働き始めたい、といった場合にも一人ひとりに合わせた参画可能な案件探しをサポートしてもらうことが出来ます。

フロントエンドエンジニアのフリーランス案件探しに、ぜひご活用をおすすめいたします。

関連記事

フロントエンドエンジニア フリーランス 年収

フリーランスのフロントエンドエンジニアの平均年収、案件の単価相場、高単価の案件が見つかりやすいフリーランス向けエージェントについての情報を掲載しています。

-フロントエンドエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2021 All Rights Reserved.