インフラエンジニア転職

インフラエンジニア転職

インフラエンジニア 転職 未経験

インフラエンジニアに未経験から転職

未経験からインフラエンジニアに転職する方法、未経験OKのインフラエンジニア求人を見つけるための、おすすめエンジニア転職サイトなどをご紹介しています。

IT業界は人手不足、そのためインフラエンジニアも含めて、未経験者を採用する企業も多いことが特徴です。

昔から、ITエンジニアの中でも未経験者が積極的に採用されてきたのが、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどのインフラエンジニアです。

ITエンジニアとして、異業種転職を目指す方も多いですし、フリーター、ニート、第二新卒、早期退職後の再就職としてエンジニア転職を目指す方も多いです。

未経験からでもインフラエンジニアとして就職することは出来ます

インフラエンジニアになりたい、という目標をお持ちの方はぜひポイントを抑えて転職成功を目指されてください。

IT業界経験あり、インフラエンジニアへ転職を目指したい場合のエンジニア転職サイト

インフラエンジニアの求人を多く取り扱っているのは、やはりITエンジニアに特化した転職エージェントです。

⇒ マイナビエージェント×ITの求人例はこちら

⇒ レバテックキャリア 利用者の声を見てみる

⇒ ギークリー 求人案件例を見てみる

などがおすすめです。

未経験から転職、インフラエンジニアを目指すのは可能?

IT業界へ転職したい、未経験からインフラエンジニアになりたい、そうした方も多いと思います。

業界研究でITエンジニアの仕事を調べてみて、自分にはインフラエンジニアの仕事が向いていそう、興味を持った、という方も多いのではないでしょうか。

ネットワークやサーバーなど需要もまだまだ高いものがありますし、インフラ設計、構築、運用に携わるインフラエンジニアも人手不足と言われています。

そのため、未経験者を採用して育てることに積極的な企業も多く、未経験者も現状では就職や転職を目指しやすいITエンジニアの職種の一つとなっています。

インフラエンジニアになるには、求人サイトで未経験者OKの正社員求人を探す方法もありますし、就職エージェントを利用して求人紹介を受ける方法。

また、エンジニア養成スクールなどに通って知識、スキルを身に付けてから転職活動をするという方法もあります。
こうしたスクールには転職支援もセットになっているところもあります。

スクールを利用して知識を学ぶ+転職支援を受けるといった場合、

  • 有料
  • 無料

とあります。

インフラエンジニアの仕事探しをする際、経済的な状況は大きく影響すると思います。

また、有料ではあっても挫折する人もいる、ということは注意した方が良いでしょう。

有料のエンジニアスクールを利用する場合、学べる内容などもしっかりと比較をした上で、やり遂げる覚悟で申込みをされることが大切といえます。

インフラエンジニアになるのに、スクールは必要?

ただ、インフラエンジニアになる、といったことを考えた場合には高額な受講費用を支払い、スクールに通わなくても良いともいえます。

未経験可のインフラエンジニア求人を探すことも可能だからです。

後ほど、ご紹介していますが未経験者の正社員就職を支援する、就職支援サービスでもインフラエンジニアの求人を紹介してもらえることも多いです。

需要が多い状況が続いており、未経験から就職・転職を目指すために求人が見つかりやすいといえます。

私は過去、違う分野のエンジニアでしたが、企業に入社して実務経験を積む方が圧倒的に早くスキルが身に付くのは間違いありません。

目の前の仕事をこなすために必死で勉強しますし覚えます。

給料を貰いながらインフラエンジニアとして経験を積めると考えることも出来ます。

未経験からインフラエンジニアに転職を目指すには、30代以上など年齢が高い方はスクールに通う価値はあるかもしれません。

もちろん、転職の確実性を高めたい場合にも有効と言えるでしょう。

未経験者でも就職・転職できる状況を考えると、まずは未経験可のインフラエンジニア求人を探してみて、難しそうであればスクールの利用も検討する、といった方法でも良いかもしれません。

就職支援サービスであれば、無料で求人紹介も受けられますし、応募書類の添削、面接対策などもサポートしてもらうことが出来ます。

就職支援サービスを利用してITエンジニア求人を紹介してもらう

未経験者向け就職支援サービスの中でもITエンジニア求人の割合が多いところもあります。

求人状況は常に変動しますので、最新の求人についてはエージェントに確認をされることが必要になりますが、未経験からインフラエンジニアを目指す方法として活用することもできます。

他の職種、正社員求人についても情報を得て比較してみたい場合にも、利用することが出来るでしょう。

主に20代向け

ハタラクティブ

20代の方向け就職支援サービスとして、ハタラクティブはITエンジニアの求人紹介比率が高い就職支援サービスです。

ハタラクティブの採用企業のデータは次のようになっています。

ハタラクティブ採用データ

ハタラクティブはこうした就職支援サービスの中でも、比較的、取り扱い職種が広いといえますので、色々と仕事の情報を得てみたい方にもおすすめです。

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

就職shop

就職shopは利用する企業数業界最大級の就職エージェントです。

求人数も多いため、様々な求人を比較しながら仕事探しのサポートを受けることが出来ます。

就職shopの就職先の職種割合は次のようになっています。

就職shop 就職職種データ

関東、関西に店舗があります。

⇒ 就職shop 詳細はこちら

DYM就職

就職成功率の高さが特徴のDYM就職です。

書類選考なしで面接を受ける事が出来ます。

就職決定までの期間が他の就職支援サービスよりも短期間であることが特徴です。

DYM就職の紹介業種比率は以下のようになっています。

DYM就職 職種比率

⇒ DYM就職 詳細はこちら

ウズウズカレッジ

ウズカレは未経験からITエンジニアを目指す就活支援です。

求人紹介をする就職支援サービスではなく、研修を受けながら就職を目指すというカレッジとなります。

「インフラエンジニアコース」があります。

ITに関してのスキルを学びながら、就職を目指すことが出来ます。

⇒ ウズウズカレッジ 詳細はこちら

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事は、サーバーとネットワークの2つに大きく分かれています。

サーバーエンジニアは、サーバーの運用業務全般を担当しますが、クラウドサービスの利用も増えていることから、クラウドの関しての知識、スキルがないと生き残りが厳しいといわれています。

ネットワークエンジニアはネットワーク機器を整備、サーバー間やネットワーク機器間などの環境を構築、運用を行います。

・サーバーの設計、構築、管理
・ネットワークの設計、構築、管理
・セキュリティの設計、構築、管理

ITインフラは今では社会に無くてはならないものです。

クラウドサービスが発展するなど、必要な知識、スキルは変わるかもしれませんが、インフラエンジニアは将来的にも需要がなくなることは無い職種といって良いのではないでしょうか。

インフラエンジニアの平均年収

インフラエンジニアを目指すにあたり、気になるのは幾らくらい稼げるのか、平均年収ではと思います。

インフラエンジニアの平均年収としては、450万円前後といったことが言われています。

未経験からインフラエンジニアになった人の場合には、最初の年収は250万円~300万円ほどとなる企業が多いようです。

未経験からインフラエンジニアになるための研修+就職支援

先ほどもご紹介しましたが、未経験からインフラエンジニアになるための研修+就職支援を無料で利用する方法となります。

「インフラエンジニアコース」と「プログラマーコース」の2つがあります。

「未経験からでも知識を付けたい」

「インフラエンジニアとして、手に職をつけて働きたい」

といった希望のある方は、他のスクールとも比較をされてみてはいかがでしょうか。

⇒ ウズウズカレッジ 詳細はこちら

未経験からインフラエンジニアを目指すためのポイント

未経験からインフラエンジニアになるために求人を探す方法をいくつかご紹介いたしました。

もしエンジニア経験があるのでしたら、エンジニア転職サイトを利用して転職活動をされることをおすすめします。

IT業界が全くの未経験、という方は就職支援サービスやスクールを利用しての就活がおすすめといえます。

インフラエンジニア求人は未経験OKでも探すことが出来ますから、並行して求人サイトでも情報収集もぜひ行ってみてください。

得られる求人情報は大い方が良いですから、利用出来るものはぜひ活用されることをおすすめします。

-インフラエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.