エンジニア転職エージェント

インフラエンジニア転職

インフラエンジニア フリーランス 需要

インフラエンジニア フリーランス 需要

フリーランスで需要が高く、稼ぎやすい仕事としてエンジニアがあります。

その中でも、インフラエンジニアはフリーランスでも需要が高い仕事です。

インフラエンジニアの将来性に関しても、不安を抱える要素は少ないです。

スキルがあれば、50代になっても60代になっても食っていける仕事といえるのではないでしょうか。

会社勤めを辞めて、フリーランスになってからの方が年収アップしたインフラエンジニアの方も多いと言います。

実際、フリーランスのインフラエンジニア単価相場を見ると年収が想定できますので、興味のある方はフリーランスのインフラエンジニア求人案件を扱っているエージェントなどで情報をご確認になってみてください。

需要の多いインフラエンジニア、フリーランスでも食べていける?

インフラエンジニア フリーランスでも需要がある

これからフリーランスのインフラエンジニアになろうと思っているけど、フリーランスで食べていけるだろうか・・・?

と少々不安に思っている方もいらっしゃると思います。

インフラエンジニアは、フリーランスでも需要が多い状況といえます。

また、引き続き高い需要が見込まれることから、仕事が無くて生活出来ない(案件を選び過ぎるとまた別ですが・・・)といったことはなかなか想像が難しいといえるでしょう。

全くの未経験からフリーランスのインフラエンジニアになるのは非常に難しいですが、経験年数に応じてフリーランスの仕事も請けやすくなってきます。

焦って独立するのではなく、経験を積んでからのフリーランスであれば十分に食べて行けるだけの需要はある、といって良いでしょう。

特に今後、インフラエンジニアの需要が増えると考えられているのが「AWS」です。

AWSを始めとするクラウドサービスは今後、確実に需要が増えると考えられますのでクラウドに対応できるインフラエンジニアは、さらに高単価の案件が増えると予想されます。

またフリーランスのインフラエンジニアとして生き残っていくためにも、AWSなどクラウド関連は勉強しておきたいところではないでしょうか。

フリーランスインフラエンジニアの単価相場

フリーランスのインフラエンジニアとなって、どれくらい稼げるかは単価相場が大きく影響してきます。

インフラエンジニア案件でどれくらい稼げるかは、フリーランスになることを考える上では最も大切なポイントといって良いでしょう。

フリーランスインフラエンジニアの単価相場はどれくらいになるのでしょうか。

経験豊富なほど単価相場は上昇

フリーランスの仕事はやはり腕一本で生きていくことから、経験豊富なエンジニアほど単価は上昇していきます。

単価相場として言われているのが、インフラエンジニア2年目で40万円~55万円前後。

インフラエンジニア5年目で80万円~100万円の単価、と言われます。

こう考えると、経験豊富で高単価を取れるフリーランスのインフラエンジニアは十分、年収1000万円を超えることが可能です。

実際、年収1000万円以上を稼ぐフリーランスのインフラエンジニアもいらっしゃいます。

そこまでの年収に到達するのは、ハードルは高いですがフリーランスとして仕事をする上で、目標の一つにし甲斐はあるのではないでしょうか。

クライアントとしてもインフラエンジニアとして経験年数が豊富でスキルが高いエンジニアほど、人手不足で停滞しがちなプロジェクトを動かせる、と期待して高い報酬を支払いたいものです。

インフラエンジニアとして経験年数が短めであっても、スキルに自信がある方は単価交渉をされてみてはいかがでしょうか。

エージェントを介しても良いですし、エンド直でもこれまでの実績・経験を元に単価交渉することで月単価が数万円でも上がれば、年収アップにつながります。

フリーランス インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアが年収アップするには

フリーランスのインフラエンジニアとなった場合の年収ですが、先ほどあったように年収1000万円以上を稼ぐことも可能です。

ただし、年収1000万円を維持するのはなかなかに大変なことではあります。

フリーランスのインフラエンジニアとして仕事を請けやすくなる経験年数の目安としてよく言われるのが経験3年目からと言われます。

インフラエンジニア3年目の単価相場は、55万円~65万円と言われており、年収にすると660万円~780万円となります。

フリーランスのエンジニア向け求人サイトに見る、インフラエンジニアの単価相場

実際、いくつかのフリーランスのエンジニア向け求人サイトでインフラエンジニアの単価相場を調べてみると、よく見られる単価相場としては、

60万円/月 ~ 70万円/月

となります。

想定年収、720万円~840万円、ということになります。

フリーランスは案件毎の契約になりますから、請ける仕事によっては年収はさらに上下しますが正社員として働いていても、年収が大きくアップすることはありませんから独立志向の方には魅力的な状況ではないでしょうか。

インフラエンジニアはフリーランスでも需要が多い仕事です。

インフラエンジニア案件、需要の動向について

インフラエンジニアは、フリーランスのエンジニアの中でも重要が多い仕事、といわれます。

実際、フリーランスのエンジニア向け求人サイトでも多数のインフラ案件を見ることが出来ます。

インターネットが生活の基盤になっている現代では、インフラエンジニアは欠かせない存在となっています。

クラウドサービスへの移行も加速しており、今後はAWSを始めとしてクラウド周りに強いインフラエンジニアの需要が高まるといえます。

需要と供給がさらに崩れていくと考えられますので、クラウドサービスに対応可能なインフラエンジニアの単価相場もさらに上昇していくのではないでしょうか。

大企業で予算が大きい場合、年収1000万円を超える案件も増えてくるかもしれません。

過去の案件でも、最高単価は160万円ほどの案件は存在します。

逆にいうと、フリーランスのインフラエンジニアとして生き残っていくためには、クラウド環境のインフラ整備、保守・運用など対応できないと厳しくなっていく可能性があります。

AWS認定

クラウドサービス、といえばAWS、といって良いでしょう。

AWSは、Amazonが提供しているクラウドサービスです。

これから事業をスタートする企業、個人にとってもイニシャルコストを安く抑えられますし、セキュリティ面も安心ということから利用者が増えています。

AWS認定は、AWS上でアプリケーション開発やオペレーションが行えるだけの技術的な専門知識を持っていることを認定する制度となります。

フリーランスとして案件を請ける上で、クライアントが客観的にスキルを評価できる資格を取得することはメリットが大きいといえるでしょう。

フリーランスでもインフラエンジニアは需要が高い仕事!

インフラエンジニアはクラウドサービスが増える今後、さらに欠かせない存在として需要は増えると考えられます。

クラウドサービスへの移行期として、今はインフラエンジニアの需要に対して人材が追いついていないとも言われ、スキル・経験のあるインフラエンジニアにとっては売り手市場といわれます。

高単価の案件も見受けられます。

フリーランスになってから年収アップした、という方も多いですからそういった収入面でもやり甲斐につながるのではないでしょうか。

独立することで雇用の不安定さなどデメリットもありますが、仕事が全くなくて経済的に困窮するといった可能性は低いといえるでしょう。

独立心の強いインフラエンジニアの方、知識向上に積極的なエンジニアの方は、フリーランスとしてぜひお仕事に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニアはフリーランスでも引き続き需要の高い仕事といえます。

-インフラエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.