未経験からインフラエンジニアへ転職

インフラエンジニア転職

インフラエンジニアへ転職 年齢について

2020年4月16日

インフラエンジニアへの転職、年齢が重要

インフラエンジニアに転職したい、というエンジニア未経験の方もいらっしゃると思います。

エンジニアの仕事の将来性、手に職をつけられる、高年収のエンジニアを目指せる、未経験OKのインフラエンジニア求人が多いこと、エンジニアになるのが夢だった、など転職理由も色々とあるのではと思います。

インフラエンジニアへの転職を考えた時、年齢はとても重要です。

求人には年齢制限を書くことは出来ませんが、エンジニアの中途採用では各企業、未経験採用は何歳まで、といった年齢制限はある程度あると考えて良いでしょう。

インフラエンジニアへの転職、年齢、求人の探し方、転職成功のポイントなどについてご紹介しています。

未経験からインフラエンジニアへ転職、年齢の限界は?

何歳までインフラエンジニアに転職できる?

未経験からインフラエンジニアへ転職を目指す場合、気になるのは年齢、という方も多いのではないでしょうか。

多くの事例を見ていますと、30代未経験でインフラエンジニアに転職することは可能です。

それほど、現状では需要があるのがインフラエンジニアです。

エンジニアは実力勝負、体力勝負の仕事ですから、特に未経験からエンジニアに転職を目指す場合には、1歳でも若い方が有利といえます。

30代よりは20代の方が転職は確実に有利です。

もし今、20代でインフラエンジニアへの転職を目指している方は、ぜひ転職サイトをやエンジニア転職エージェントを利用してインフラエンジニアの求人をお探しになってみてください。

本気で目指しているのでしたら、転職活動をスタートすることをおすすめします。

20代 未経験からインフラエンジニアへ転職を目指したい場合

全くのエンジニア未経験の方であれば、IT業界に特化した転職エージェントからは敬遠される事が多いため、未経験者の就職・転職に特化したエージェントの利用もおすすめです。

インフラエンジニア求人の取り扱いも意外とあります。

でインフラエンジニア転職もタイミングより狙える就職支援サービスをご紹介しています。

地域的にエンジニア求人が多いエリア、少ないエリアもありますのでまずは情報収集をされることをおすすめします。

情報収集は重要ですね。

30代、未経験からインフラエンジニアへ転職を目指したい場合

30代、未経験。

インフラエンジニアとして転職したいけれど、年齢が自分でも心配・・・といった方は、スキルを身に付けてから転職を目指す、という転職活動の方法もあります。

エンジニアを採用する企業としても、全くの未経験者が「やる気」だけをアピールするよりも、「スキル、知識」を身に付けたことをアピールしてくれた方が中途採用はしやすいでしょう。

採用してからの教育という負担が軽くて済むのは、企業のとしてもメリットです。

また求職者の方にとっても、スクールなどで学んだ事実はインフラエンジニアになりたい、という熱意をアピールする点でも有効です。

IT業界、エンジニア転職は何歳まで可能?

インフラエンジニアへの転職、IT業界への転職は結局のところ何歳まで可能なのでしょうか?

技術の変化が激しいIT業界ではその働き方の厳しさもあり、

35歳定年説

まであるくらいです。

その理由として、エンジニアは体力勝負、といった面もありますよね。
年齢とともにどうしても集中力などは落ちてきてしまうものです。

またIT業界では新しい技術も生まれ、主流となる技術や言語も変化します。
その流れについていけないエンジニアは、仕事が減っていってしまいます。

40代、50代になってから新しい技術を身に付けて、若いエンジニアと対等に仕事をするのはなかなか難しいものです。

様々な理由からエンジニア35歳定年説が言われるようになりました。

とはいえ、35歳以上になってもずっとプログラマーとして活躍、生涯現役で開発に携わる方もいますから、あくまで説ではあります。

(知人に60歳を過ぎてもフリーランスで活躍しているプログラマーがいます)

管理職から開発がやりたい、と40代で現場に戻ってくるエンジニアも。

ITエンジニアの転職に関しては、エンジニアが持つスキル、経験が企業の需要とマッチすれば30代、40代でも十分に転職は可能といえます。

そして、その企業側のエンジニア採用ニーズと求職者をマッチングしてくれるのが、転職エージェントとなります。

エンジニア経験者、全くのIT経験ゼロからエンジニア転職を目指す方では利用をおすすめす転職エージェントは異なります。

エンジニア経験者の方の転職エージェントでおすすめは、

⇒ レバテックキャリア

⇒ マイナビエージェント×IT

⇒ ギークリー

などがあります。

エンジニア未経験でもインフラエンジニアへ転職できる?

未経験でもインフラエンジニアに転職は可能です。

今の年齢によっては、求人サイトで未経験OKのインフラエンジニア求人を探し、直接応募しても中途採用してもらえる人も多いと思います。

リクナビNEXTなど求人サイトでインフラエンジニア求人を探す

⇒ リクナビNEXT【未経験求人を探す】

リクナビNEXTは大手求人サイトです。

エンジニア求人も非常に多く掲載されており、インフラエンジニア求人についても多く見つけることが可能です。

ネットワークエンジニア、サーバーエンジニアなどの求人を探してみるのもおすすめです。

採用需要の多いインフラエンジニア職

インフラエンジニアはITインフラを正常に保つために、欠かせない人材です。

SNSも益々発展しています。
新しいサービスもどんどん生まれています。

その度に、インフラエンジニアの需要も増えるといっても良いかもしれません。

もはやインターネットは常に接続されていて当たり前、さらに通信速度も向上しており、生活においてもどんどんネットで繋がるものが増えています。

IT業界は慢性的に人手不足といわれていますが、今後もその状況は続きそうです。

インフラエンジニアも未経験から転職しやすい状況は続いていくと考えられます。

インフラエンジニアの年収

もし、未経験からインフラエンジニアに転職したとしたら、年収はどれくらいになるの?

転職した後の生活を考える必要もありますよね。

ご家族がいる方なら、転職した後の仕事の年収で生活が成り立つかどうかは、配偶者(妻・夫)を説得する大きなポイントになります。

未経験からインフラエンジニアになった人の場合には、最初の年収は250万円~300万円ほどとなる企業が多いようです。

エンジニアは転職によって年収アップすることが多いため、インフラエンジニアになった後も、さらに技術を積み重ね、スキルアップを目指していくことが重要といえます。

エンジニア職は、どの仕事内容を担当していたとしても常に勉強することが大切な職種といえるでしょう。

もちろん社内で昇進してくことでも年収アップは可能です。

ただし、勤務する企業によって年収のアッパーはやはりあります。

未経験からインフラエンジニアに転職、成功するためのポイント

未経験からインフラエンジニアに転職するには、どういったことを準備すると転職成功につなげていくことが出来るでしょうか。

企業によっては、資格必須の場合もあります。

またエンジニアは勉強が常に必要な職種ですから、入社前にどれだけ自身でも独学で勉強したか、転職のために準備をしているかを重視する採用担当者も多いといえます。

ITの知識が全く無い場合

IT業界の知識が全くないけれど、将来のことを考えて、手に職もつけたいしインフラエンジニアへの転職を目指したい!

といった場合には、まずIT業界のことを知る必要があります。

ITパスポートの資格取得を目指すのもおすすめです。

ITパスポートは、

「ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験」

となります。

まったくの初心者からITエンジニアへの転職を目指す際、よくおすすめされます。

サーバー・ネットワークに関する資格取得を目指す

インフラエンジニアへの転職を目指すのですから、業務に関連した資格取得も目指しましょう。

資格を持っていると客観的な評価に繋がりますから、転職はかなり成功しやすくなります。

ネットワーク系の資格では「CCNA」。

サーバー系の資格では「LPIC Level1」などの取得がおすすめです。

インフラエンジニアへ転職 未経験者は30歳くらいまで

インフラエンジニア未経験の方が転職を目指す場合、30歳を超えると求人も一気に減り、転職が難しくなる傾向にあります。

29歳まで、20代はまだまだ未経験でも採用してくれる企業は多いといえます。

エンジニア職の転職も、30代になると未経験者はハードルが高くなります。

派遣会社などでも採用は難しくなる傾向があります。

1歳でも若い方が、未経験からインフラエンジニアへ転職する場合は有利です。

需要が多いために未経験転職が比較的しやすい、とは言われますがそれでも未経験から転職を目指す場合には20代がおすすめです。

ただ、独学でも良いですからインフラやネットワークについて勉強された方は、30代前半くらいなら十分採用してくれる会社もあるようです。

本気でインフラエンジニアを目指される場合にはスキル、知識を身に付けてからの転職活動なら可能性があるといえます。

インフラエンジニアへの転職は年齢とスキルが重要

インフラエンジニアに転職するには、年齢がまず重要です。

他のエンジニア職でも同様ですが、比較的、未経験者の採用が多いと言われるITエンジニアでは年齢が若い方が転職には有利です。

新しい技術も生まれますし、やはり年齢が高い人よりは、若い人の方が吸収力は良いといえます。

特にインフラエンジニアは最初は夜勤も多いため、体力勝負な面も大きいです。

若さは絶対的に有利なポイントです。

また先ほどもありましたが、インフラエンジニアに転職成功するためには努力も大切です。

企業としても、全くの未経験者を採用するよりも、独学でも良いのでネットワークについての知識を身に付けている求職者、ネットワークやサーバー系の資格を取得者、エンジニアスクールでスキルを身に付けた人材を採用した方が、早く戦力になってもらえます。

また、そうした行動が本気でインフラエンジニアになりたい、という熱意を面接官に伝えることにもなります。

将来性のある仕事であり、未経験から転職を目指しやすいインフラエンジニアへの転職。

ぜひ、転職を成功させてください。

-インフラエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.