エンジニア転職エージェント

インフラエンジニア転職

インフラエンジニアからWEBエンジニアになるには

インフラエンジニアからWEBエンジニアになれる?

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職したい、キャリアチェンジ転職に興味がある、という方も多いと思います。

エンジニアとしてキャリアチェンジの転職を考える場合、やはり強い転職理由がある方も多いのでは、と思います。

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアとしてキャリアを積んできた方も、実はWEBエンジニアに興味があって、できるのなら転職したいといった方も多いかもしれません。

実際にインフラエンジニアとして働いてきて、自分の本来の志向とはズレが生じてきて年齢的に手遅れ(転職ができない)なる前に、WEBエンジニアに転職したい。

ネットワークエンジニアとしての不規則・激務な働き方に限界を感じている方もいるかもしれません。

インフラエンジニアからWEBエンジニアへの転職は可能です

WEBエンジニアへの転職を目指す際、WEBエンジニア求人を多く持つ実績豊富なエンジニア転職サイトもご紹介しています。

インフラエンジニアからWEBエンジニアへの転職は十分可能

WEBエンジニアに転職

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職を目指す場合、やはり独学でもWEBエンジニアとして必要となる知識、言語などは学んでおいた方が転職には有利に働きます。

サーバサイドシステムの開発経験があると、転職成功の可能性が高まると言われます。

現職エンジニアの方は、忙しくて時間的に厳しいかもですが、休日などを利用されてコードを書くなどされてみてはと思います。

プロジェクト的には少人数での「アジャイル開発」が中心となります。
その当たりの開発の違いについても情報収集されておくと、違和感なく仕事に入りやすいのではと思います。

そうしたWEB系企業ならではの開発手法についても事前に知っておかれると、スムーズに転職活動に入っていけるのではないでしょうか。

転職体験談を調べていくと、30代でもSIerやインフラエンジニアからキャリアチェンジ、WEBエンジニアに転職成功している方も少なくありません。

WEBエンジニアになるために必要な言語

WEBエンジニアに転職を目指す場合、事前によくWEB系で使用される言語を学んでおかれるとアピールしやすくなります。

WEB系ではRubyやPHP、Java、Pythonなどのスクリプト言語をよく利用して開発が行われます。

中でも、PHPは実際、かなり需要が高いと感じますので習得されておくと良いのではないでしょうか。

PHPは、Webサービスの開発に特化した言語です。

他のプログラミング言語と比べても文法的にも簡単ですし、初学者でも理解しやすい言語です。

「PHP使えるの?」

と聞かれることも多いのではないでしょうか。

WEB系エンジニアもきつい?

インフラエンジニアからWEBエンジニアになりたい、という転職理由も人それぞれあるとは思うのですが、今の職場を退職したい、転職したいという理由の一つに激務、夜勤あり不規則な勤務がきつい、といったことがある場合には転職先選びは慎重になることをおすすめします。

かえってWEBエンジニアに転職してからの方が残業が増えたかも・・・とならないようにしたいものです。

WEBエンジニアの仕事がきつくなり理由として、アジャイル開発が多いことが挙げられます。

納期前に変更、機能追加、スケジュール管理が難しくなることも多々あるため、最後は体力勝負、といったプロジェクトになる可能性大です。

特に転職直後などはまだまだスキルも高くないため、負荷も大きくなりがちです。

そのあたり考慮してくれる会社であったり、自社開発で無理な納期になりにくい仕事だと、まだ良いかもしれません。

そうした転職してからの働き方についても、求人先の企業の情報に詳しい転職エージェントを活用して、しっかりと情報収集されることをおすすめします。

インフラエンジニアからWEBエンジニアへキャリアチェンジするための、エンジニア転職サイト

インフラエンジニアからWEBエンジニアに転職したい、という場合ですが自力で転職先を見つけるのは実際のところ、難しいケースも多いです。

IT業界に特化している、エンジニア転職サイトを利用して転職活動をされる方法がおすすめです。

WEBエンジニア求人が多く取り扱いのあるエンジニア転職サイトでおすすめをご紹介します。

外出自粛が続く中、面談ではなく電話面談にも対応してもらえるところが増えています。

リモートで面接できる企業も増えていますので、担当者に相談されてみてはいかがでしょうか。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントIT

IT・WEBエンジニアの求人数が豊富であり、東京、神奈川など首都圏のみならず、大阪、名古屋、福岡などの他、長野、静岡、広島など地方の求人も取り扱っていますので、地方にお住まいのエンジニアの方も情報収集に活用出来るのではないでしょうか。

IT・Web業界に精通した優秀な担当者が多く、提案力の高さでも評価されることが多いことも特徴です。

マイナビエージェントはサポートの手厚さでも定評のあり、安心して利用できる転職エージェントとしてもおすすめです。

⇒ マイナビエージェント×IT

ギークリー

ギークリー

IT・Web・ゲーム業界専門の人材紹介会社がギークリーです。

WEBエンジニア求人も多数取り扱いがあり、情報収集に便利なエージェントの一つです。

WEB系に強く、中でもゲーム領域の求人については非常に強みを持っていることが特徴といえます。

これまでの経験を活かしての転職も相談されてみてはいかがでしょうか。

掲載されているエンジニア求人を見る限りでは、大手企業、ベンチャー企業と見られますので選択肢として色々と探すことはできるのではと思います。

⇒ ギークリー

ワークポート

ワークポートは、IT・Web系のエンジニア求人に強い、老舗の転職エージェントです。

当初IT・Webに特化したこともあり、現在でもIT・Web系のエンジニア求人には非常に強いという特徴があります。

求人数の多さから、経験の浅い領域、キャリアチェンジを目指すエンジニアの方も応募しやすい企業探しのサポートが期待出来ます。

求人数は業界トップクラスとなります。

また、ワークポートは対応の早さから、できるだけ急ぎで転職先を探したい場合などにもおすすめです。

⇒ ワークポート

エンジニアの転職活動

今の仕事をしながら、次の転職先を見つけるというのもとても重要です。

退職して時間を確保してからじっくり転職活動をする、という選択肢もありますが、転職先が決まらないと経済的に追い込まれる可能性もあります。

私は当時、勤務していた開発会社でのあまりの激務っぷりに限界を感じ退職。

勤務しながらでは転職活動は無理でしたので、退職してから転職活動をスタートしたのですが、意外と転職先を見つける事に苦戦してしまい・・・貯金がみるみるうちに減少。

もの凄く焦りを抱えつつ、転職活動をした経験があります。

もう、どこでも良いから転職先を決めないと生活が出来ないかも・・・というところまで追い詰められた経験があります。

そうなると、自分に合った転職先を探すどころでは無くなりますので、可能であれば在職しながらの転職活動をおすすめいたします。

忙しくてもなんとか時間を捻出されて、上記でご紹介したようなエンジニア転職サイトを活用しての転職先探しををおすすめします。

-インフラエンジニア転職
-,

Copyright© エンジニア転職サイト比較 おすすめ , 2020 All Rights Reserved.